インドIT留学の特徴

ITの本場でプログラミングを学べる

MISAOがあるインドは世界屈指のIT大国です。欧米企業のソフト開発がインドを拠点に行われたことで最先端技術が集積し、優秀なエンジニアの育成に繋がりました。シリコンバレー帰りの優秀な人材が続々と帰国してIT系のスタートアップを次々と立ち上げています。そのためインド生活の中では様々なwebサービスに触れる機会が多く、プログラミングを学び実際にサービスやアプリを制作する際の参考にすることができます。今後、世界ビジネスのIT化はさらに進み、プログラミングは世界の共通言語になります。
 

インド人エンジニア講師

MISAOの講師は開発経験のある現役のインド人エンジニアです。経験豊富な講師が指導することで現場で使えるスキルを習得できます。日本では探すことの難しい開発経験のある講師の授業を安い費用で受講できます。MISAOのカリキュラムはアウトプットを意識してます。学習者のステップに応じたアウトプットを出しながら、スキル習得をすることに重点を置いています。最終的に自分自身でWebサイトやWebサービス、アプリなどを作ることができるようになります。

密度の濃い少人数レッスン

MISAOの授業はエンジニア講師1人に対して生徒1〜4人の少人数グループレッスンです。大人数の授業ではないので、講師が生徒一人ひとりの様子をしっかり把握し、的確なアドバイスを与えながらレッスンを行うことができます。そのため、初心者がつまずきがちな部分などを丁寧に解説しながら授業を進めます。少人数で生徒も質問しやすい環境のため、分からないまま授業が進んでしまうということがありません。また、プログラミング初心者にとって重要なのがメンターの存在です。開発経験のあるエンジニア講師がメンターにつくことで、初心者でも効率よくプログラミングを学習できます。

5つのコース

MISAOでは下記の5コースのみ扱っており、全て未経験者(プログラミング歴3ヶ月以下)を対象にサービスを提供しております。また授業は全て英語で行われます。コースの内容、カリキュラムは日本人のニーズに合わせてカスタマイズしてありますので、留学で学んだことはすぐに日本でも活用することができます。また3ヶ月コースを1ヶ月で受講することも可能です。その場合は基礎の重要な部分だけ触れて学習していただきます。
  • WEBサービス開発【PHP】

    WEBサービス開発コース

    Webサービス開発コースではPHPをベースにしたWebサービスを開発していきます。1ヶ月目でHTML/CSS, PHP, J-Query, SQLを学習し、2ヶ月目からはフレームワーク(Laravel)を学習していきます。3ヶ月目は自分の作りたいサービスを作ってもらいます。これからプログラミングを始める方やフリーランスを目指してる、本格的なWebサービスを開発したい方が対象のコースです。

  • WEBサービス開発【Python】

    Python

    最初の1ヶ月はHTML/CSSから入り、Pythonの基礎並びにDB(データベース)について学習します。2ヶ月目はフレームワーク(Django)を学習し、3ヶ月目には自分の作りたいサービスを自主制作してもらいます。またpythonコースはできることが多いのでスクレイピング(外部のデータを利用する1つの方法)なども学習できます。

  • WEBサービス開発【JavaScript】

    最初の1ヶ月はHTML/CSSから入り、JavaScriptの基礎を学習します。2ヶ月目はライブラリ(React)やデータベース(MongoDB)について学習を進めていきます。3ヶ月目には実際の簡単なWebサービスをいくつも制作しながら、フレームワーク(Node.jsやExpress.js)について学習します。

    ※アプリ開発まで希望の方は4ヶ月目を受講していただくと可能です
  • アンドロイドアプリ開発【Java】

    Androidアプリ開発

    Android開発コースでは世界最大のシェアを誇るAndroidOS向けのアプリの開発スキルを習得します。1ヶ月目に基本言語であるJavaを学び、2ヶ月目からはAndroid studio上で組み立てながら学習していきます。3ヶ月目は自分のアプリを1つ自主制作します。Androidのニーズは今後も高まり、アプリだけでなくIoTなどに組み込まれていくことも考えられている最も将来性のあるスキルと言えるでしょう。

  • 機械学習基礎コース

    このコースでは自主制作は行わず、ひたすら機械学習の基礎を学んでいきます。1ヶ月目にPythonの基礎を学習し、2ヶ月目にはMachine learningの基礎について学んでいきます。3ヶ月目は関連するデータベース(NN)やフレームワーク(Spark)について学習します。将来的に研究などに興味がある方にオススメのコースです。

先生紹介

ITコースではhtml,cssなどのプログラミングの前提となる知識もしっかりと教えてくれます。授業中だけではなく、多くの先生が授業時間外も残っていますので、気軽に質問ができ、ITスキルのアップに貢献してくれます。以下では、IT留学中に生徒のITスキル向上にコミットする先生たちを紹介しています。
  • Lohit

    PHP,Python,Ruby on Railsの三言語を操る万能IT講師。IT講師のリーダーで、頼もしい存在。
  • Padma

    Java,JavaScript,PHP,WordPressを教える女性IT講師。オラクルJava SE 7 認定資格を持っている。
  • Sumit

    Java,JavaScript,Swift,react/react-nativeを教える若手IT講師。日本大好き。日本人大好き。

1週間のスケジュール

Mon Tue Wed Thu Fri
10:00〜13:00 授業/自習 授業/自習 授業/自習 授業/自習 授業/自習
13:00〜14:00 ランチ ランチ ランチ ランチ ランチ
14:00〜17:00 授業/自習 授業/自習 授業/自習 授業/自習 授業/自習
17:00〜 (進捗面談) (進捗面談) (進捗面談) (進捗面談) (進捗面談)
※授業が午前か午後かは人数の関係で前後します。自習ではコードを書く実践演習が中心です。
※進捗面談は毎週1回日本人スタッフより授業の進捗確認の簡単な面談を実施します。

費用

費用/円 4週 8週 12週
入学金 20,000 20,000 20,000
授業料 120,000 240,000 360,000
宿泊費 30,000 60,000 90,000
合計 170,000 320,000 470,000
※ホームステイやゲストハウスでの一人部屋をご希望の方は面談の際にお伝えください。こちらの宿泊費は基本的に2〜3人部屋になります。
※消費税はインドの税金が適用され、18%になります。
  • セット割

    語学留学+インターン,語学留学+ITなどでセットでお申込みの方は合計金額から30,000円引きとなります。
  • 早割

    お申込み日が語学留学開始日より6ヶ月前だと10%Off,3ヶ月前だと5%Offとなります。
  • 長期割

    IT, 語学留学合わせて3ヶ月以上留学する方は30,000円引きとなります。

Q&A

Q.パソコンは持ち込みになりますか?MISAOから借りることはできますか?

A.パソコンはお客様自身でご用意ください。

Q.パソコンはMac/windowsどちらでも問題ありませんか?

A.問題ありません。Mac/windowsどちらでも開発できるように全コース両方とも対応可能となっております。

Q.一日の学習時間はどれぐらいですか?

A.プログラミングの先生からレッスンを受けるのは3時間、またクラスでは+3時間自習をしていただきます。過去の生徒平均だと一日8時間程度プログラムを書いております。

Q.授業を受けるにあたって英語のレベルはどれぐらいが必要ですか?

A.TOEIC700程度あれば問題なく受講できると思います。最初は専門用語やインド人特有の発音に慣れないこともありますが、コードで教えることがメインになりますので、不安な方は英語留学を組み合わせてご検討ください。

Q.その他別途費用がかかることはありますか?

A.基本的にはかかりませんが、サーバーをご自身で借りて開発したい、また作成したandroidアプリをリリースする際に25$かかることなどMISAOにではなく、ご自身が開発したサービスに対して費用がかかることはあります。

IT留学体験談

  • 金丸さん

    金丸さんと先生 所属:社会人 「世界で学び、世界で遊ぶ。30歳のIT留学体験談」
    詳細を見る
     
  • 加藤さん

    加藤さん 所属:南山大学4年生 「6ヶ月間で人生を変えた南山大学3年生のインドIT留学」  
  • 勝田さん

    勝田さん 所属:広島県立大学2年生 「インドから世界へ。広島県立大学2年生の留学体験談」  

フォトギャラリー

インド留学 Menu