インド最大のお祭りホーリー

ホーリー 外国人

ホリー祭とは

ホーリー祭はインドの三大祭りの一つで、春の訪れを祝うヒンドュー教のお祭りです。年に一度、家に押し入る悪鬼を追い返すために、「ハッピーホーリー!!」と言いながら、道行く知らない人、誰彼かまわず、色粉や色水を掛け合います。ヒンドュー教のお祭りのなかで最も派手で、デンジャラスな祭りであり、世界中からもお祭り大好きな人たちが集まります。

この日は電車も止まり、インド人もほとんどが仕事をせずに、ホーリー祭を楽しみます。

ホリー祭中はカースト制度解禁!?

ヒンドュー教はカースト制度というものによって生まれながらに身分や職業が決まっています。1950年の憲法改正によって、「カースト制度の廃止」を謳っていますが、その名残は根深く現在でも完全になくなったわけではありません。

ホリー祭中はそんな「カースト制度」が解禁されます!普段下のカーストにいる人たちも、身分に関係なく色粉や色水を掛け合いますが、この日は無礼講です。そのため、普段の恨みを晴らす的なノリではしゃぎまくるため、派手でカオスなお祭りになるのです。笑 観光客であっても容赦なしです。特に外国人は目立つため、格好の餌食になりやすいです。

ホーリー祭は日本の春休み序盤に行われる

2018年のホーリー祭は3月1日(木)から2日(金)まで二日間にわたって行われます。1日目がホーリー、2日目がドゥルヘンディと呼ばれています。地域によって時期が異なる場合があるようなので、参戦したい地域のホーリー日程は必ずチェックするようにしましょう。また、ホーリー祭前後は観光客も多く訪れるので、ホテルやゲストハウスの予約は早めに行った方がいいです。

また、ホーリー祭が行われるインドの3月の気候は最高気温が30度、最低気温が15度、降水日数もほとんどなくカラッとしているためとても過ごしやすい季節です。11月~3月はインド観光のベストシーズンとも言われており、ホーリー祭を最大限楽しめる条件は整っています。

2017年は3月13日に行われました。

ホーリー祭に参戦するときの服装

ホーリー クルタパジャマ
ホーリー祭はとにかく全身カラフルになるお祭りです。色粉や色水は一度体や服につくとなかなか落ちません。そのため、汚れてもいい服で行くのはもちろんですが、男性であれば、インドの伝統的な民族衣装で全身白のクルタパジャマ、女性であれば、サリーなどその日だけのためであっても用意することがホーリー祭を楽しむ一つのポイントになるかもしれません。

インドのお祭りホーリーで得られるもの

ホーリー

思いもしない出会い

私は2017年3月に行われた前回のホーリー祭に参戦しました。地元の大学が特に盛り上がるという情報を聞きつけ、インド人の友人が大学にいるというわけでもなかったのですが、グルガオンから近くのローカルの大学に突入しました!大学内の道を歩いていると、見ず知らずのインド人から「ハッピーホーリー!!」と色粉をかぶせられ、お返しに「ハッピーホーリー!!」と色粉を掛け合いました。

私は一人のインド人から色粉をかぶせられたあとに、話かけられました。彼は日本語を勉強している大学生で、「日本人と友達になりたかったんだ!」と悠長な日本語で話しかけてくれました。そんな風に出会い、ホーリー祭を楽しんだあとも、彼の家に遊びに行ったり、夜一緒にクラブに行ったり、旅行に行ったりする仲になりました。
ホーリー インド人友人

2017年のホーリー祭を振り返って

ホーリー 街並み

色の掛け合い


どれだけ色に染まるかが勝負!掛けるというより、塗っている笑

とにかく色を掛け合う


とにかくカラフルに染まったもん勝ち!

ホーリー 子供たち
子供たちも顔に色粉をつけながら、色粉を売っています。

ホーリー 街の様子
普段のインドでもカオスな部分は多いですが、この日はインドの中でも最上級のカオスでした。みんな笑顔に溢れていますね。

まとめ

以上、インドの三大祭りの一つホーリー祭の紹介でした。この時期は大学生にとって春休み真っ最中です。2月、3月は英語、ITをインドで学びながら、インドで年一回の大イベントも経験でき、インド文化に最も触れられる絶好のチャンスです。今年の春はインドで留学プラスホーリー祭という稀有な経験をしにインドに来てみませんか。

資料請求/留学相談はこちら!