インド最大級の祭典ホーリー

ホーリー 外国人

ホーリーとは

ホーリー(holi)とはインド三大祭りの一つです。一年に一度、この時期に春の訪れと家に押し入る悪鬼を退治するために「ハッピーホーリー!」の掛け声と共に色粉や色水を掛け合います。ホーリーが近づくと色粉が町中で売られ、色の祭典を迎える態勢に入ります。ヒンドゥー教の中でも最も派手でデンジャラスな祭りと言われているため、世界中のお祭り系人材がインドに集結します。

いつ行われるか

次回、2017年は3月13日がホーリー祭です。2日間にわたって行われ1日目がホーリー、2日目がドゥルヘンディと呼ばれています。地域によって時期が異なる場合があるようなので、参戦したい地域のホーリー日程は必ずチェックするようにしましょう。また、このホーリー祭の前後はホテルやゲストハウスも大変混むため、早めの準備が必要です。最高のプランを立てて、万全の態勢でホーリー祭を迎えましょう。

ホーリー参加の装備

ホーリー祭は全身カラフルになるお祭りです。そしてその色粉や色水は一度、服や体に付くとなかなか落ちてくれません。そのため、もう二度と着ないであろうTシャツで参戦することをお勧めします。ホーリー祭が行われるインドの3月の気候は最高気温が30度、最低気温が15度、降水日数もほとんどなくカラッとしているためとても過ごしやすい季節です。11月~3月はインド観光のベストシーズンとも言われており、ホーリー祭を最大限楽しめる条件は整っています。

インドの祭典ホーリーで得られるもの

ホーリー 仲間

かけがえのない思い出

インド三大祭りの一つであり、世界中からも注目度が高いこのホーリー祭に参加することは、それだけで思い出になること間違いありません。最近日本でも同様のイベントが開催されていますが、高いチケットを払い、他人に思いっきり色をかけるのは気まずい、そして時間制限つき。その点インドのホーリー祭は本場、本気、そしてもちろん参加費は無料です。特にインド人は観光客とわかれば容赦なく攻め込んできます。こんな思い出作りができるのはこの時期のインドだけでしょう。

外国人との友情

先述した通り、このホーリー祭には世界中から参加者が集まります。現地のインド人はもちろん、近隣の国や欧米からの参加者も珍しくありません。色を掛け合い、お互い色まみれになり、祭りが終われば仲直り。そこにはすでに友情が生まれる…なんてことも。


2016年のホーリー祭を振り返ってみた

ホーリー 街並み

色の掛け合い

ホーリー 街の様子
インドは通常でもカオスと言われていますが、ホーリー祭はカオスの最高峰になります。


誰彼構わず色の掛け合い

holi9
思いっきり色を掛け合う、というより塗られます。

holi10
憎しみともとれるこの表情で色を塗ります。

何が何でも色の掛け合い

ホーリー 友達
ホーリー祭はとにかくカラフルになった者が正義。

ホーリー 街の様子
みんなカラフルになれて晴れやかな表情ですね。

ホーリー 街

まとめ

以上、インド三大祭りの一つホーリー祭のご紹介でした。皆さんに色の祭典を経験していただきたいのはもちろんですが、特に大学生はこの時期長期休暇の真っ最中です。2、3月は英語、IT、インターンをしながら、インドの文化を体感できる絶好のチャンスです。今年の冬はインド留学で、ホーリー祭という稀有な経験をしにインドへ来ませんか。詳細はこちら→2017年冬休みのインド留学


資料請求/留学相談はこちら!