肌がひりひりとするようなアツさの続くインドが、ついに歴史を塗り替えました。

インド、首都圏で気温47.8度

インド気象当局は8日、デリー首都圏の最高気温が47.8度に達したと明らかにした。PTI通信によれば、過去62年間で最高という。写真は同日、首都ニューデリーで、暑さから逃れようと水に飛び込む若者たち。

 http://dailynews.yahoo.co.jp/photograph/pickup/?id=587773

当局によると、北西部ラジャスタン州の砂漠地帯から吹く熱風が気温上昇の主な原因だそうです。6月の気温としては平年を約8度上回っています。インド北部ではここ数日、最高気温45度前後のうだるような暑さが続いており、ニューデリー中心部の繁華街では週末にもかかわらず、人影がまばらでした。

 

酷暑期のインドでの過ごし方

・水分補給を意識

湿度も低いため、すぐに体が乾いてしまいます。自分自身では気づきにくいので、必要以上に水分補給をしましょう。

・あまり出歩かないこと

室内でクーラーを動かしていると、外との気温差で体調を壊しかねません。出歩くなら夕方以降を狙って、すみやかに用事を終わらせましょう。

・帽子・サングラス・日焼け止めの使用

日本よりも圧倒的に日差しが強いです。頭皮と目を紫外線から守りましょう。肌が焼けたくない方も日焼け止めは必須です。

 

暑いインドもなかなか体験できるものではありません。お越しの際には万全な準備を!

資料請求/留学相談はこちら!