こんにちは。インドは紅茶で有名な国ということで、今日はデリーのINPERIAL HOTEL内にあるカフェでafternoon teaをしてきました。
紅茶の歴史
afternoon teaとイギリス発の習慣でランチ後のティータイムの時間に簡単なお菓子と紅茶を楽しむ時間のことです。お茶の歴史はポルトガル人が中国でお茶と出会った1500年頃まで遡ります。その後世界中の様々な事件に絡むことになる紅茶ですが、インドでは支配下のイギリスのもと19世紀に紅茶の生産が始まりました。インドではとりわけダージリン地方で栽培された茶葉を使ったダージリンティーが有名ですが、当時中国から輸入された茶樹を使ってインドの様々な地域で栽培の試みが行われました。しかし、相性が悪くほとんどうまくいきませんでした。そんな中、唯一生き残ったのがダージリン地方に栽培された茶樹でした。標高2000メートルを超えるその気候と風土が中国種との唯一合うものだったのです。このように奇跡的なダージリンティーの成功があるからこそ、今もなおイギリス人はダージリンティーを愛しているのです。

THE IMPERIAL NEW DELHIでafternoon tea
hotel
インドの一流ホテルのTHE IMPERIAL NEW DELHIでafternoon teaをしてきました。THE IMPERIAL NEW DELHIの綺麗で壮大な外観に圧倒されながら門を入り厳重なチェックをパスし、エントランスに到着すると屈強な男たちがお出迎え。

13225129_1326471110696702_2038222751_o

入り口でもさらに入念なチェックを受け、中に入ると…めちゃ綺麗!!インドのローカルマーケットとは別世界に大興奮しながらカフェに入りると今日はビュッフェ形式のようで、美味しそうなスイーツの列にスタッフ一同テンションMAX!!

13234566_1326471090696704_1320320567_o

各々好きなティーを頼み、afternoon teaスタート。これは…美味しすぎる!!そして一流ホテルならではのハイクオリティなサービスと広い天井から差し込む太陽光の暖かい光がその空間の居心地を最高なものにしていました。

13214995_1326471127363367_988056067_o

13234885_1326471140696699_1587271871_o
値段は1500Rsでしたが、このクオリティの前にはむしろお得と感じてしまう程でした。帰りもまた屈強なコンシェルジュ達のカスタマーファーストなサービスに感動しつつ帰路へ。インドのサービスレベルの高さを体感でき、インド貴族気分を味わうことができた週末はとても有意義なものになりました。今週も頑張っていきましょう!

資料請求/留学相談はこちら!