インドに来る方で、感染症を心配する人が多く見られます。その中でも特に気をつけてほしい病気、デング熱についてまとめてみます。

 

デング熱とは

デングウイルスが感染しておこる急性の熱性感染症で、発熱、頭痛、筋肉 痛や皮膚の発疹などが主な症状です。

 

どのようにして感染するのか

ウイルスに感染した患者を蚊が吸血すると、蚊の体内でウイルスが増殖し、その蚊が他者を吸血することでウイルスが感染します。蚊媒介性。ヒトか らヒトに直接感染するような病気ではなくまた、感染しても発症し ないことも多くみられます。

 

世界のどの地域が流行地か

熱帯や亜熱帯の全域で流行しており、東南アジア、南アジア、中南米で患 者の報告が多い。その他、アフリカ、オーストラリア、南太平洋の島でも発生があります。最も日本に近い流行地は台湾。

治療薬は?

デングウイルスに対する特有の薬はなく、対症療法となります。

 

罹ると重い病気か

デング熱は、体内からウイルスが消失すると症状が消失する、予後は比較的良好な感染症です。しかしながら、患者の一部に出血症状を発症することがあり、 その場合は適切な治療がなされないと致死性の病気になります。

予防方法は?

流行地にでかける際は、蚊に刺されないように注意しましょう。長袖・長 ズボンの着用が推奨されます。また蚊の忌避剤なども現地では利用されています。

 

予防接種は?

デング熱に有効なワクチンはありません。

 

海外旅行中に蚊に刺された場合はどこに相談すればよいか?

すべての蚊がデングウイルスを保有している訳ではなく、蚊にさされ たことだけで過分に心配する必要はありません。ご心配な場合は、帰国された際に空港等の検疫所でご相談ください。また帰国後に心配なことがある場合は、最寄りの保健所等にご相談ください。なお、発熱などの症状がある場合には、医療機関を受診ください。

資料請求/留学相談はこちら!