インドの正月、ディワリ祭

ディワリ祭とは

ディワリ祭とはインドで80%を占めるヒンドゥー教の新年を迎えるためのお祭りです。光のフェスティバルとも言われ、10月末から11月のはじめまでインドの街や住宅には様々なイルミネーションが現れます。また、爆竹や花火が昼夜問わず打ち上げられ新年を派手に迎えるという風習があります。そのため、ディワリが近づくとインドのマーケットには装飾品やギフト、花火や爆竹を販売するための専用ブースが設けられ多くの人が競うようにそれらを買っていきます。中には花火と爆竹だけで10万ルピー(なんと15万円程度)買う人もいるようで、ディワリ祭がインドの方にとって特別なものであることが伝わってきます。

ディワリ祭の過ごし方

ディワリ祭の期間は多くの企業が休みになり、マーケットのレストランやスーパーマーケットも営業時間を短縮しています。中には営業しないお店も珍しくありません。タクシーやインドの庶民の足、リキシャーのほとんど走っておらず普段は車で溢れ返っている道路もディワリ祭の期間は寂しいくらいにガランとしています。インドの方の多くはこのディワリ祭の期間、故郷に帰って家族と過ごします。これは日本の習慣とよく似ていますね。インドで働く日本人の方は、インド国内に旅行に行ったり、近隣の国に旅行に行ったようです。このディワリ期間、インド中がイルミネーションと花火の煙に覆われていたため毎日が幻想的な景色でした。

インドの三大祭り

インドには3つの国民的なお祭りがあります。光のフェスティバルといわれる今回のディワリ祭、色の祭典と言われるホーリー祭、ヒンドゥー教の女神を称えるダシャラー祭です。インドの多様な文化を象徴する3つの祭りを紹介します。

インドの正月、ディワリ祭

ディワリ祭 すでに紹介しましたが、ディワリ祭は街が綺麗なイルミネーションで彩られ、音楽や花火とともに新年をお祝いします。インド留学MISAOの英語スクールの先生は故郷であるパンジャーブ州に帰省していました。彼の街にはゴールデンテンプルという寺院があり、その周辺ではダンスミュージカルが行われていました。

色の祭典、ホーリー祭

ホーリー祭 グルガオン インドで2月末から3月上旬に行われるホーリー祭は色かけ祭りとも呼ばれている、インドヒンドゥー教の春のお祭りです。人家に押し入る悪魔を追い払うために行われるというこのホーリー祭では、色粉や色水を誰彼構わず掛け合います。友人や知り合いだけでなく通りすがりの人にまで色を塗りつけます。その色鮮やかなお祭りに世界中から参加者が集まり、町中の家や車がカラフルに染められます。この時期のインドはすでに暖かくなっており、お祭りを思いっきり楽しめるので思い出に残る経験になることは間違いありません。

ダシャラー祭


ダシャラー祭はインドの長編叙事詩「ラーマーヤナ」に出てくる魔王ラーヴァンの人形を燃やしたり、インドヒンドゥー教の女神を称えるお祭りで、10月頃に行われます。地域によってお祭りの仕方、称える神様も微妙に違ってくるようですが、基本的に音楽と花火がお祭り期間中は続きます。

インドの祭りを体験する

ホーリー祭を体験してみた

ホーリー祭 ホーリー祭は街中で知らない人からも色を塗られ、不意なところから色水を掛けられたりします。そして、色粉や色水は一度付いたらなかなか落ちないものなので、2度と着ないであろうTシャツで参加することをおすすめします。ホーリー祭は2日間にわたって行われ2017年は3月13日に予定されています。インド留学のMISAOでも今年の春先に行われたホーリー祭では生徒スタッフ先生が全身カラフルになりながら、ホーリー祭を楽しみました。
ホーリー祭 MISAO 今年もたくさんの生徒の皆様とホーリー祭でカラフルなインド留学を楽しみたいと思います。冬休みに留学を検討されている方、まだ何も決めていない方、勉強も遊びも最高なものにしたい方はこの冬、ぜひインドへ遊びに来てください!冬のインド留学詳細はこちら→冬のインド留学詳細

資料請求/留学相談はこちら!