インドのレストランに行ってみた


インド留学中はよくレストランを利用するでしょう。今回の記事は実際にインドのレストランに行ったらどんな感じなのかをお伝えします。


1.注文

店にはいったらまずはメニューをもらいましょう。料理の値段を見ながら何を注文するか考えると思います。支払い時はメニューに書いてあるよりも値段が高くなるので注意してください。日本でいう消費税のようなVAT(付加価値税)とサービス税が加算されます。サービス税は店によって大きく変わります。たいていの店で水を出してくれますが、不安がある場合はミネラルウォーターも忘れず注文してください。料理が運ばれてくるまで時間がかかるので気長に待ちましょう。5分で料理を出すと言われたら、15分はかかると思ってください。
料理を待っている間に店内を見渡すと店員の数が異常に多いことに気がつくと思います。客の数が店員の数を上回ることはめったにないです。日本でレストランに行くと席に案内する係、注文を聞く係、料理を運ぶ係は同じ人がすべてやりますよね。インドでは違います。それぞれの役割によって担当が分かれています。例えば料理を注文しようと思って人を呼んでも、注文を聞く係が忙しいとまったく注文を聞いてくれません。


2.食べる

さて料理が運ばれてきたら熱いうちに食べましょう。インドは手で食べる文化だからレストランにはスプーンやフォークがないと勘違いする人もいますがちゃんとあります。レストランで出される料理の量はたいがい多くて食べきれません。また、インドに来て日が浅い人がナンとカレーを注文すると、うまく食べることができずカレーだけよく余ります。そんな時は持ち帰りをしましょう。インドでは気軽に料理を持ち帰ることができます。


3.お会計

お会計をしたいときは店員を呼びましょう。「Bill」と伝えると二つ折りの伝票ばさみに伝票をはさんで持ってきてくれます。金額等をしっかりと確認してくださいね。伝票ばさみにお金と伝票をはさんで店員に渡したら支払い完了です。チップは特に必要ありません。
会計を頼んだ際に食後のミントもくれます。独特の味がするので苦手な人もいれば、はまる人もいます。ぜひチャレンジしてみてください。



この記事を読めば一人でもレストランに行くことができます。ぜひ、おいしい店を発見してくださいね。

資料請求/留学相談はこちら!