インドに旅行すると様々な衝撃的な体験があなたを待ちうけています。これからインドに赴く方は、未知の国インドに対して様々な想像を巡らせていることでしょう。そこで、インドでの暮らしや、インド人とのやりとりの様子が綴られている旅行記をピックアップしてみました。

インドなんて二度と行くか!ボケ!!…でもまた行きたいかも(文庫本)

思いつきでインドに旅立ったニートの著者が、初めてのインドで次々と起こるハチャメチャなハプニングに対して、時には怒り狂い、時には呆れ、時には愛情の目線を注ぎながらも旅をしていく旅行記です。著者とインド人のコントのようなやりとりに、終始笑いながら読み進めることができます。

boke1


インドなんてもう絶対に行くかボケ!…なんでまた行っちゃったんだろう。(kindle)

前作である「インドなんて二度と行くか!ボケ!!…でもまた行きたいかも」で、トラブル続きの旅に対してうんざりしながらも、インドに対する愛を垣間見せた著者が、三年の時を経て再びインドに降り立つ旅行記です。前作で登場した人物との再開エピソードもあるので、前作を読んでいると、さらに楽しむことができます。

boke2


インド人の頭ん中(文庫本/kindle)

インドで生活するために単身でデリーに乗り込んだ女性著者が、インドで経験した様々なトラブルを面白おかしく綴った旅行記です。女性に対して過保護すぎる老夫婦のエピソードや、インド人の彼氏とのエピソードやなど、女性だからこそぶつかる問題も綴られているので、インドに行く予定の女性はぜひ読んでみるといいでしょう。また、各章の途中でインドの文化について解説するコラムがあるので、タイトル通りインド人の頭の中を垣間見ることができます。

atama

いかがでしたか?中には、ちょっと大げさだろうと思う表現もありますが、インドで暮らしている日本人にとって、大きくうなずける内容となっています。
文庫本や電子書籍で安価で手に入るので、身近な人にインド体験者がいない方は、ぜひインドに来る前に一読してみてはいかがでしょうか。

資料請求/留学相談はこちら!