インド人の食べ方


インドのイメージを聞くとたいがいの人は「カレー」と答えるでしょう。留学中はインド人の食生活に触れることができます。

基本はカレー

日本人は一日一食以上必ず米を食べますよね?インド人にとって「カレー」は日本人にとっての「米」のような存在です。一口にカレーと言ってもその種類は豊富です。日本でカレーと言うと一種類しか思い浮かびませんが、インドではほうれん草、じゃがいも、豆、鶏肉、オクラ、チーズなど様々なカレーがあります。インドの食べ物は基本的に味付けが濃く、カレーじゃなくてもカレーの味がします。

手で食べるということ
インド人は手で食事をします。インドの主食はナンやローティといったパンです。これらをちぎってカレーに浸して食べます。スプーンやフォーク、ナイフを使って食べるより手のほうが食べやすいです。インド留学を終える頃には皆さんもきっと手で食べることに慣れると思います。
米もインドの主食です。カレーと混ぜて食べます。北インドではごはんとカレーを手で混ぜてから食べる人はまずいません。南インドでは見られる光景かもしれません。
インド人は手で食事をするからといって、レストラン等にスプーンがないということはありえないのでご安心を。

ベジとノンベジ
インドには肉を食べないベジタリアンの人が多くいます。そのため、レストラン等ではベジ用・ノンベジ用と食事の表記がされています。インド留学中は日本国旗のようなマークをよく見ると思います。緑はベジ用の食事を、赤はノンベジ用の食事を表します。私達日本人はノンベジだと思われています。ベジのカレーを注文するとノンベジでなくていいのかと確認されますし、おすすめのカレーを聞くとたいがいノンベジのカレーを勧められます。
よく肉や魚を使わずにこんなにいろいろな料理ができるな、とベジの料理を見て驚くことがよくあります。例えば、ベジの家庭の結婚式に行くと会場内の食事はすべてベジです。量も種類も豊富にありますが、肉や魚は一切ないので少し物足りないような気もします。


せっかくインドにいるのだから、インド留学期間中はインド料理を楽しみましょう。

資料請求/留学相談はこちら!