今日はインドで一番人気の乗り物について紹介したいと思います。

【オート・リクシャー】という三輪タクシーを聞いたことがありますか?











オート・リクシャーは、一言でいうと日本の「ドアがないタクシー」です。そのため、もし乗ることが出来るなら何人でもオート・リクシャーに乗ることが出来ます。


CIMG0025


運転手さんは必ず男の人で、通常は後ろの席に女性なら3人、男性なら2人座ることができます。
しかし時々人が5人以上乗っているリキシャもインドで見ることができます。




リキシャはドアが無いため、乗り心地は運転手さんの運転次第で大きく異なります。道路の整備の問題で、運転が荒く、ジェットコースターに乗っているような気分にさせてくれる運転手さんや、ゆったりと風を感じることが出来て快適な気分にさせてくれる運転手さんなど様々です。




そして運が良ければ、豚に会うことが出来ます。



CIMG0030




リキシャに乗りたいときは、日本のタクシーのように運転手とアイコンタクトをとるか、手を挙げることで、リキシャを呼ぶことが出来ます。日本と違うところは、リキシャから「乗らないか?」と声をかけられることです。

一台のリキシャに乗車を勧められているときに、他のリキシャが来て、乗車を勧められることはよくあります。

値段交渉をして目的地まで向かってくれるリキシャはとても便利で、インドにお越しの際はぜひ乗車することをおすすめします。

資料請求/留学相談はこちら!