保険への加入


もしもに備える海外保険。本当に入る必要なのかわからない人も多い。というわけで、保険について解説します。


保険の必要性

慣れない環境に置かれる海外では日本よりも当然トラブルが多くなります。よく海外旅行保険に加入スべき理由として挙げられるのが「医療費が高い」ことです。日本では保険証を持っていれば、3割負担で治療を受けられます。しかし、海外では全額負担がざらです。一番怖いのは治療費が高額になる場合、保険に入っていないと支払い能力がないと見なされ、生命に関わる治療を受けられなくなることです。また、何かを壊したり傷つけてしまった場合、自己責任の意識が強い海外では莫大な損害賠償を請求されることがあります。



海外に行くときの保険

1.海外旅行保険
海外旅行の際に利用される保険です。期間にもよりますが、比較的気軽に加入できる価格が設定されており、最大3ヶ月の契約を行っている会社が多いです。短期の滞在の場合はこちらに加入した方がいいです。
2.留学保険
3ヶ月以上の留学の場合は留学保険に加入することになります。会社によって異なりますが、緊急事態が起こった場合の一時帰国費用などが含まれます。
3.クレジットカード保険
最近では海外旅行保険を付帯しているクレジットカードが増えています。保険料を支払わなくても保険に加入できることが魅力です。しかし、保険会社等が提供する海外旅行保険に比べて、保証が少ない、渡航費の決済を当該クレジットカードで行わなければ保険が使えないことも多いため、あくまで補助的な保険として考えるようにしてください。クレジットカード保険も契約期間が最大3ヶ月までのものが多いです。



保険を選ぶポイント

保険を選ぶ際に保険料を最も重視する方も多いと思います。保険料を下げようとするあまり、補償内容・補償額を減らしすぎないようにしてください。いざという時にせっかくの保険が役に立たなくなります。
また、保険会社のサポート体制もチェックしてください。例えば、日本語で24時間対応しているかどうかです。現地語を喋ることができても、病気やけが等の状況説明の際は普段使わない言葉を使う必要がある場合が多いです。また、緊急を要する場合も多いので日本語で対応してくれる方が安心できます。



実際、海外で生活をした経験のある人から病気やけがをしたという話をよく聞きます。正直、保険料は高いです。しかし、病気やけがをした場合の治療費等は保険料よりかなり高額になるので、絶対に加入するようにしてください。

資料請求/留学相談はこちら!