荷物準備 生活用品・必需品編


今回は生活用品に加え、インド留学の際の必需品など荷物準備について解説します。


生活用品

ここではシャンプーなどの日用品、ドライヤーなどの電化製品などを扱います。
1.日用品
シャンプーや歯磨き粉などは現地で手に入ります。日本より物価が高い地域に行く場合は日本で購入したほうがいいですが、インドでは日本よりも安く日用品を購入できます。現地ブランドの商品はもちろん、ユニリーバやP&Gなど世界的な消費財メーカーの商品は簡単に手に入ります。しかし、現地到着後すぐに授業やインターンがはじまり、買い物に行けない場合もあるので、3,4日分の小分けパックを日本から持っていくべきでしょう。
2.化粧品
女性にとっては必需品です。化粧品はその国の肌質・趣向に合わせて作られているので、日本から日本人向けの化粧品を持ち込んだほうが無難です。例えば、インドの化粧品売場にいくと口紅は充実していますが、チークの種類はかなり少ないです。
3.電化製品
海外に行く際は変圧器もしくはプラグが必須です。日本で準備することもできますが、現地のほうが安い場合もあります。
パソコンやスマートフォンのアダプターの中には変圧機能がついているものがあるので、自分の使っている製品の規格を確認しておくと便利です。
ドライヤーに対応していない変圧器は多いです。そのため、現地で購入するほうが無難です。



必需品

インドで実際に生活する上で必需品だと感じるものです。
1.ビーチサンダル
現地の人は冬でもサンダルで生活しています。排水口がなく水はけの悪いインドの道を歩くときに足が汚れても、サンダルごと洗えばすぐにきれいになります。
2.痒み止め
インドにも虫除けはありますが、痒み止めはないです。普段、日本で痒み止めを愛用しているなら持ってきたほうがいいです。
3.ぺたんこかつ汚れてもいい靴
インドの道の状態はまだ悪く、ぬかるみや凹凸があちこちにあります。ヒールではまず歩けないので、ぺたんこの靴を履くことになります。また、埃っぽい・道が舗装されていないのですぐに靴が汚くなります。もちろん、現地でも購入できます。



荷造りの際は前回の記事と合わせてぜひ参考にしてください。荷造りが終わればあとはもう、渡航するだけです。

資料請求/留学相談はこちら!