ダージリンと聞いて、想像するものは1つしかないと思います。そう、世界屈指の高級茶葉ダージリン・ティーの産地として知られるのがインド・ダージリン。

ここはインド国内でも有数の避暑地となっており、ヒマラヤの名峰カンチェンジュンガをバックに、イギリス植民地時代の名残りを強く残す町並みと、広大な茶畑が標高2100mの山腹に広がっているのです。

ネパール人、ベンガル人、シッキム人、チベット人などの住人に加えて、各国からの旅行者やインド人の避暑客も多く、異国情緒が漂っているのです。

 

トイ・トレイン

500_10450993

トイ・トレイン、おもちゃの鉄道の愛称で親しまれているのが、ダージリン・ヒマラヤ鉄道。アジア最古の登山鉄道で、1879年にイギリスが紅茶の輸送と避暑客の便宜を図るために敷設を開始し、1881年に全線開通を果たし、1999年に世界遺産に登録されたのです。

ニュー・ジャルパイグリからダージリンまでの全長88kmの区間を、時速10km程のゆっくりとした速度で、7~8時間かけて走破します。標高差は2,000m、線路幅はわずか61センチ!現在、一般車両はディーゼル機関車に置き換わっていますが、開業当時の姿の蒸気機関車が一部観光用に使用されています。

トイ・トレインは非常に人気が高く、当日の切符入手は困難なので、事前に予約しておくことがオススメです。

 

グーム僧院(イガ・チョリン・ゴンパ)

109936952_624

1875年創建されたゲルク派のチベット仏教僧院は、別名『イガ・チョリン・ゴンパ』とも呼ばれています。

ご本尊は約5mある弥勒菩薩で、色鮮やかな堂内の壁画も一見の価値あり!ダージリンに多数ある仏教僧院のほとんどでは堂内の写真撮影は禁止されているのですが、この僧院では写真1枚につき10Rsのお布施を支払うことで、許可されています。

 

紅茶園

zekkei_q048-544x362

ダージリンと言えばもちろんこれ!ダージリン周辺はなだらかな丘陵地帯が続き、その斜面には銘茶を栽培する紅茶畑が広がっています。標高約2,100mに位置しているダージリンは非常に霧の多い所ですが、この条件こそが紅茶栽培に最も適しているそう。

ダージリン郊外にはたくさんの紅茶園があり、4~10月の収穫期には、茶摘みの風景、紅茶の製造工程を見学することができるとのこと。そのなかでも ハッピー・ヴァレー紅茶園、タクバル紅茶園などが有名です。

ダージリンにはネパール系の人々が多く住んでいますが、それも紅茶園が理由。英国がこの地で紅茶栽培を始めた19世紀後半、紅茶園で働く安価な労働者が大量に必要となったのです。そこでネパールからたくさんの人々を移住させ、現在もダージリンの人口の半分以上は紅茶関係の仕事に従事しているとのこと。

資料請求/留学相談はこちら!