インドといえば、金の世界で常に国別需要ランキング1位の座を保つ国なのです。最近は第2位の中国が猛烈な勢いで追い上げてきていますが、依然1位の座を維持しています。

しかし、ここにきて新興国経済が変調をきたすと、さすがにインドの金需要にも陰りが見えてきたのです。

ちょうど11月はじめにある『ディワリ』と呼ばれるヒンドゥー教の祭礼の期間中は、金銀製品や耐久消費財のショッピングが『縁起いい』とされています。お店側から見れば、まさに『かきいれどき』です。

そのため宝飾店も大繁盛。お客さんは、次々に金のネックレスやら指輪やらブレスレットなどを買い求めていきます。一方で、一般庶民は単価の安い銀のコインを買い求めます。シルバーコーナーは、高いカウンターで入れ替わり立ち代わり人の波が途絶えません。

とにかく、インド人の金や銀に対する文化的愛着はすさまじいもの。なんせ、経済が減速しているここ数年でも、年間生産量約2800トンのうち、1000トン強をインド一国で買い占めてしまうのです。

現地新聞社が実施した消費者調査でも、『ディワリボーナスは減ったけれど、何があっても子供へのギフトは減らさない』という回答が62%にものぼります。そのギフトに金銀製品・宝飾品が使われているということなのです。

 

次回の記事では、その金大国インドの裏の姿をまとめます。

資料請求/留学相談はこちら!