『インド人は嘘つきだ』『すぐにボッタくるから気をつけろ』

筆者は正直、インドに来る前にそのような話をよく聞いていた。日本人の女性であり、インドの治安や現状を耳にしても、日本のメディアの情報を得ては、ネガティブなイメージを受けるものばかりだった。

細心の注意を払わなければいけないし、それは諸外国何処へ行っても同じことだと思う。夜間に外出してもそれほど危険ではない、友人とお酒を飲んで夜の街へくりだしても、特に身の危険も感じたことはない。

それは日本があまりにも平和に包まれた国だからだ。

インドは私たちにとって、どうしてか遠すぎる国である。情報もない、触れ合うインド人もいったらインドカレーのお店の人くらい。とはいえ彼らはインド人でもなかったりする。

私たちはインドを知る機会が少ない。それがあまりにも、物理的にも心理的にも遠い国インドを創り出しているようにも感じる。だから、この動画を一度見てほしいと思った。

 

自衛隊のいい話 【インド】 自衛隊からの親切の輪



 

この動画を見て、これは自衛隊広報の画策だと思う人もいるかもしれない。一概にこれほど良いインド人はいるとは言えない、と言うかもしれない。

けれどもそれは、どれほどのインド人に会って言った言葉なのだろうか。インドは日本人口の約10倍いる。あなたは日本人全員と会って、それを語っているのだろうか。

 

筆者は実際、悪いインド人というものに出会ったことがない。観光寺院に行けば必要以上にお金をとられたこともあったし、押しの強すぎるインドにモノをかわされそうになったこともあった。けれども一向に、インド人を嫌いになることはないのだ。

能天気、お人好しというなら、それは仕方がない。けれども、私たちにはまだ出会っていない人が沢山いる。

世界においては想像できない総数の人というものが存在している。ひとつの例として、この経験を見過ごして良いのでしょうか。

資料請求/留学相談はこちら!