カジュラーホーは、インドのマディヤ・プラデーシュ州の人口約5000人弱の小さな村です。

この小さな村が世界的に有名な観光地である理由は、紀元後950~1050年に建てられた、85ものヒンドゥー教寺院に刻まれた『愛の彫刻』なのです。今でもそのうちの25院が残っています。

約100年の間に集中して寺院が造られたため、建築様式はほとんどが統一され、それぞれの寺院の完成度は非常に高いのです。1838年のイギリス統治時代、英国人エンジニアによってこの寺院群が発見されるまでは、ここは鬱蒼としたジャングルデした。

カジュラホの見所は西、東、南の3つの寺院群に分かれています。

 

西の寺院群

カジュラホの主な寺院はこの西群に存在し、ヒンドゥー教寺院が中心となっている。寺院群の周囲を大きく柵が囲っており、柵の外にある『マータンゲシュワラ寺院』は、今でも礼拝されている唯一の寺院です。その他の寺院はすべて柵の中にあり、寺院本来の機能を有してはいません。

ヒンドゥー教において、寺院は『神様の住む家』という考え方をしており、そこに住む神様は時々引越しをするのです。従って、神様がいなくなった寺院は、その時点で『ただの建物のみ』とみなされるのです。 柵内の主な見所としては、シヴァ神の象徴『リンガ』を祀っているカジュラホ最大の寺院である『カンダーリヤ・マハーデーヴァ寺院』。

またシヴァ神とその妻パールヴァティーが寄り添う像や、エロチックな愛の彫刻が壁面に埋め尽くされている『デーヴィー・ジャグダンベ寺院』などがあります。 『デーヴィー・ジャグダンベ寺院』の壁面に刻まれている愛の彫刻では、性交の場面などを端的に表現してあります。これは性交によって悟りを開いたり、神との合一を表そうとしていたのではないか、と言われています。

周りの田園風景や、のんびりとした雰囲気の下で『愛の彫刻』を眺める。するといやらしさなどは一切感じられず、逆に清々しさや溢れ出る生命感などを感じ取れるようです。

image3916

東の寺院群

東の寺院群には、主にジャイナ教寺院が残っています。有名なエローラの石窟寺院群でも、ヒンドゥー教寺院とジャイナ教寺院の共存が見られていますが、インドでは異なる宗教の寺院の共存は珍しくないのです。
東群に残された彫刻の緻密さは西群と変わることなく、特にパールシュヴァナータ寺院の『アイシャドーを塗る女』の彫刻はその曲線美や立体感など、まさに必見です。この東群ではインドでは少数派であるジャイナ教徒が、熱心にお祈りする場面に出会えるかもしれませんよ。

資料請求/留学相談はこちら!