1984年、ユネスコ世界遺産の文化遺産に登録されたのがコナーラクのスーリヤ寺院です。東インド、オリッサ州コルカタの南西約400kmに位置しています。

コナーラクのスーリヤ寺院は太陽神スーリヤに献じられており、太陽の運行を司るための『巨大な石造の馬車』として創られました。この装飾豊かな寺院が建立されたのは 13世紀前半のことでしたが、寺院が完成していたのかどうかは議論が分かれるところだそう。

後世に残るように己の姿を石に彫らせた王の最後の寄進であるとみられています。 レカー・デウルは崩壊してから久しく、この 『聖なる馬車』が保護されるまで、ここは石切り場になっていたのでです。

 

コナーラクのスーリヤ寺院は、さまざまな伝説に彩られています。

伝説1

コナーラクのスーリヤ寺院の聖室の上にそびえる高塔の建設は、高名な建築家ビシュ・モハラーナの努力にもかかわらず、思うように進みませんでした。やがてこの寺院の建設は、モハラーナの息子に任されることとなり、才能をもって知られたモハラーナの息子は塔を完成させ、みごと期待に応えました。しかし息子が塔を完成させたことが、父モハラーナのは寺院の建造に失敗した建築家のレッテルを貼られてしまいました。息子は父の屈辱を悲嘆し、近くを流れる川に身を投げたといいます。

 

伝説2

太陽神の寺院を建てたのは、クリシュナ神の息子で容姿端麗なサーンバ。しかしある時、サーンバが義母の水浴を覗き見したことに激怒して、クリシュナは彼を癩病にかからせてその端麗な容姿を台無しにしました。 途方に暮れたサーンバは、癩病を治すことのできる唯一の神スーリヤを頼ったのです。12年間願いつづけたサーンバを哀れに思ったスーリヤは彼の願いを聞き入れ、病を癒してあげました。 そうしてサーンバは感謝の意を表すために、コナーラクに寺院を建立したのです。

 

その建築の美しさのみでなく

資料請求/留学相談はこちら!