標高3,500m、荒涼たる茶褐色の大地。乾いた大地に恵みをもたらすインダス川が流れ、要塞を思わせる岩山に築かれた大寺院、そして信仰篤く厳しい自然と共存して生きる人々がいる。インドの中の別世界と呼ばれる、秘境小チベット・ラダックについてまとめています。

 

レー

20110626_994242
現在のジャンムー・カシミール州、ラダックの中心地です。かつてラダック王国の首都として繁栄を見せた街であり、この場所が外国人に開放されたのは1974年のこと。それまではパキスタン・中国という2国に隣接しているという特殊な場所柄、軍事的理由によって長い間閉ざされた場所でした。そのため、このレーを中心とするラダックでは、チベット本土では破壊されて失われてしまった本当の仏教文化が残されました。
レーの街のはずれでは、小高い丘の上に昔の王宮がそびえたっています。この王宮が建てられたのは1640年頃のこと、当時の王であったセンゲ・ナムギャルがこの王宮を建設し、それ以降レーはさらなる繁栄を見せる事となったのです。
現在では訪れる観光客も増え、中心地にはゲストハウスや商店が立ち並んでいます。レーの街は年々賑やかになっていますが、ラダックの人々の生活と、篤い仏教への信仰は変わらず受け継がれているのです。

シャンカール僧院

b23095ee7ab7a288a844a80d5d8ffd88
レーの中心部から少し北に位置する、ラダックの僧院の中では珍しく平地に建つ僧院。創建されたのは20世紀の前半で、周囲には普通の民家が立ち並んでいる。
2階建ての小さな僧院で、見ものはなんといっても2階の一番奥に納めれれているドゥカル(白傘蓋仏母)の像です。歩いて行ける距離にあるのも魅力ですね。

シャンティ・ストゥーパ

01
レー郊外、丘の上にあるストゥーパ(仏塔)のこと。1985年、日本山妙法寺によって創建された新しいストゥーパなのです。階段を息きらせながら登っていくと、そこではストゥーパから、荒涼とした大地の中に広がる緑豊かなレーの街を一望することが出来るのです。

ティクセ僧院

SSC_1844-thumb
ラダックで最も有名な僧院のひとつであり、青い空をバックに建つその雄大な姿は、どこかで見たことがあるはず。
岩山の中腹を僧房が埋め尽くしており、頂上には本堂がそびえています。本堂のすぐ下まで車道が伸び、そこから数分階段を登って僧院へ向かいます。
15世紀創建のこの僧院には数多くお堂があり、創建当時の壁画が残されています。入口を入ってすぐ後ろのお堂では、静かな笑みを浮かべる『ラダック最大の弥勒菩薩像』が見られます。
秘境ラダック、いかがでしたか?インドでもの珍しいこの街に行けば、良い土産話になるのではないでしょうか。

資料請求/留学相談はこちら!