インドのみならず、世界でもっとも有名な宮殿ホテルの一つが、ピチョーラ湖の上に優雅にたたずむレイク・パレスです。

湖の都と呼ばれるウダイプルは、ラージャスターン州北西部に位置しており、優雅にその姿を留める宮殿が多く残っていることで知られています。

17 世紀に建てられた レイク・パレスは、ホテルに変貌した後にはその豪華な内装に惹きつけられ、ジャクリーン・ケネディを はじめエリザベス 2 世女王やネパール国王らが訪れています。ピチョラー湖に浮かぶ約 1.6 ヘクタールの島に建つこのホテル は、まるでターコイズブルーの水面に浮かんでいるかのように見えるのです。

糸杉が生い茂る中庭や庭園、噴水が白い大理石の建 物の合間に点在しており、優雅な空間を生み出しています。この建物が東に面しているのは、陽が昇る際太陽神にお祈りを捧げるためなのです。黄昏時に到着する場合は、ゴンドラから実に幻想的な雰囲気を味わえることでしょう。明かりを灯す街が背景に浮かびあがり、アラバリ山が夕焼けに輪郭を見せる美しい光景も圧巻です。
レイク・パレスはあまりにも有名になりすぎたせいで、値段がここ10年ほどで数倍になったそう。最も安い部屋で約600ドル以上、スイートルームだとなんと1700ドル以上になっています。いつかこんな場所にいってみたいものだ、と思いながらこの記事を書いています。

 

インドの超高級宮殿ホテル ウダイプル レイクパレスホテル 客室内部

資料請求/留学相談はこちら!