インド国立博物館はニューデリーの中心部、大統領官邸とインド門を東西に繋ぐ幅広いラージパト通りと、コンノートプレイスから南下する『ジャンパト通り』の交差点の南東側に位置しています。

国立博物館は、インド独立の日からちょうど2年後の1949年8月15日に創立されました。現在の3階建ての建物は、当初から博物館の館舎として建造されたものであり、1960年12月18日に一般公開が開始されました。

ここでは主に紀元前3000年頃のインダス文明から現在に至るインドの絵画・美術品・工芸品・文書を収蔵しているほか、インド海軍に関する展示や、中央アジアの出土品、西洋美術、ラテンアメリカ先住民に関するコレクションを展示しています。

 

主な展示品

インダス文明

紀元前3000年頃から前1500年ころまで、インダス川流域に栄えたインダス文明の遺跡から出土した文物などを収蔵しています。印章や陶器、粘度でつくられた人形、青銅器などが常時展示されています。またこの時代の墳墓のコレクションも収蔵され、装飾品をまとったまま埋葬された人骨と副葬品が展示されることもあります。

 

仏教関連

紀元前1世紀から前2世紀にかけてマウリヤ朝や、シュンガ朝時代の仏教美術では、仏陀の像を直接表現することは禁忌とされていました。その後ギリシア文明の影響を受けたクシャーナ朝に作成されたいわゆる『ガンダーラ仏』は、ギリシア風の顔立ちをした仏像が作られるようになったのです。国立博物館ではこのような仏教美術の変化を直接目にすることができます。
また仏陀の生誕地カピラヴァストゥから出土した二組の仏舎利が、金色のストゥーパと一緒に展示されています。仏教徒の来訪者が、この展示物の前で真摯なお祈りを捧げている光景がよく見受けられるとのことです。

 

ヒンドゥー教関連

インドはヒンドゥー教の本場のため、関連の神像の展示は非常に充実しています。5世紀頃栄えたグプタ朝時代に作られた素焼きの像や、その流れをうけた神像群、9世紀から13世紀にかけて南インドに覇を唱えたチョーラ朝の青銅製の神像や、各地・各年代で制作された石造の神像や寺院の装飾など、力強く躍動感溢れる秀逸な神像が多く展示されています。

 

各年代・各地域の歴史にぜひ触れてみてはいかがでしょうか・

資料請求/留学相談はこちら!