コンノートプレイス


コンノートプレイスという場所の名前を聞いたことはありませんか。インド旅行経験者に話を聞くとよく出てくる場所です。そのため、インド留学の際は特に訪れるような用事はないかもしれませんが、一度は訪れておきたいと思うかもしれません。

コンノートプレイス概要

コンノートプレイスはデリーメトロのイエローラインとブルーラインが交わるRajiv Chowk駅にあります。駅から地上に出るとすぐにコンノートプレイスに着きます。中心は芝生の広場になっており、時たまイベントも開催されます。広場ではたくさんのインド人がくつろいでいます。その広場を円状にレストランやブランドショップなどが囲んでいます。近くにはインド政府が運営している旅行会社DTTDCや天文台Jantar Mantarなどがあります。

悪名高きコンノートプレイス

コンノートプレイスは旅行客がよく訪れる場所です。そのため、旅行客を騙してお金を取ろうとする人もたくさん現れる場所だと言えます。実際に1人でコンノートプレイスをぐるりと一周すると5人以上はそういった人がついてきて話しかけてきます。お土産物屋さんやレストラン、旅行代理店など様々な場所に連れて行こうとします。また、彼らは息を吸うように嘘をつきます。例えば、地下マーケットであるPalika Bazaarの入り口の場所を聞くと、今日はPalica Bazaarが閉まっていると答えます。しかし、実際にPalica Bazaarに行くと営業しています。もし話かけられても相手にしないようにしましょう。どうしてもしつこい場合は警備員が入り口に立っているような店に入ってください。ついてくることができなくなります。

正直、買い物もしくは食事といった具体的な目的がない、つまりふらっと見に行くだけだと1、2時間で見終わってしまうので少し物足りないです。しかし、ちょっとうさんくさい人に会いに、インド留学中はぜひ一度行っておきましょう。

資料請求/留学相談はこちら!