インドには、誇りとともに呼ばれる正式名称『Bharat(バーラト)』という名前があります。世界史の教科書でも出てきたインドの大叙事詩『マハーバーラタ』は、”偉大なバーラト”という意味で、その名の通りインドは大きな国土と、世界第2位の人口を有する巨大な国です。『ひとつの国というよりは、さまざまな国が集まった大陸』と言われるように、あらゆる民族や言語、宗教や文化の交じり合った多様性に富んだ国と言えます。
そんな広大なインドのベストシーズンをひとことで説明するのは到底できませんが、ここでは主要エリアの気候の特徴、一年を通し祝日やイベント情報についてまとめていきます。

インドと日本の時差

インドと日本の時差は3時間半あります。例えばインドの朝の9時は、日本の昼の12時半です。国土の大きなインドですが、インド国内には時差はないのです。

インドの気候

広大な国土を持つインドでは、北インド平野が最も高温になる5月、なんと気温が45度に達します。そのさなか、ヒマラヤの峠では積雪で車が通行止めになっていることもあります。そして長い夏の間はひたすら暑い北インド平野も、短い冬の期間には人々がショールを羽織るほどに寒くなります。
一方南インドには、私たちが想像する寒さの厳しい冬もなく一年中暑いのですが、夏の気温は砂漠気候に属する北インドの方が大幅に上回るのです。また毎年、雨季になると洪水が発生するほどの豪雨に見舞われる地域もあります。
ここからは大まかですが、ざっとインドの気候を説明します。

デリーと北インド平野の気候

北インド平野の夏
バラナシやタージマハルのあるアーグラーなども北インド平野に属しています。このエリアは、3月下旬~9月下旬まではひたすら暑いことで有名です。特に4~6月の酷暑は、気温が45度前後になることもあるので、この時期の観光は避けるに限ります。それでもこの時期にインドを訪れる場合には、脱水症状には充分に気をつけてください。日焼け止め対策と帽子は必須です。

北インド平野の冬
7~9月は雨季ですが、せいぜい1時間程度のスコールが降るだけなのでさほど影響はありません。雨季の気温は最も暑い時期ほどではないですが、暑いことにかわりはなく、蒸します。
ここからも観光のベストシーズンは、そんな時期を除いた10月中旬~3月中旬です。朝晩は羽織るものが必要ですが、昼間は適度に暑いか暖かいと感じられる気候です。しかし、12月中旬~1月下旬の約1ヶ月強は、朝晩が本格的に冷え込むので防寒対策が必要になるでしょう。

 

次回はその他の州についてまとめていきます。

資料請求/留学相談はこちら!