休学してインドで新規事業を立ち上げた同志社大生とは

DSC_0079
所属 同志社大学
留学内容 留学:インターン

同志社大学3年を休学してインドでインターンをする20歳のかくちゃん。ご覧の通り、この甘いルックス。MISAOの売り出し中スタッフです。ほら、そこのお母さん、写真の保存は3枚までにしてくださいね。
かくちゃんは英語留学を経て、2ヶ月前にインド留学のMISAOへジョインしてくれました。ヒゲを生やしても爽やかな好青年です。

同志社大生がインドで立ち上げた新規事業とは

DSC_0080

かくちゃんは、JANNAという日本人向け情報サイトの事業責任者です。JANNAはリリースされてまだ3ヶ月のWEBサイトで、彼はこれをたった1人で運営しています。では、具体的には何をしているのでしょうか。気になる彼の仕事を紹介しましょう。

飛び込み営業

かくちゃんは毎日、数十社へ飛び込み営業をしてます。訪問する会社の9割がインド系企業で、当然なことに相手もインド人がほとんど。主に飲食店を中心にレストランの情報をヒアリングして、おすすめメニューやこだわりを聞き出します。そして、お店の集客に繋がる提案をしていきます。

記事作成

かくちゃんは事務所に戻ってくると、その日ヒアリングした内容をもとにレストランに日本人が行きたくなるような記事を作っていきます。文章の構成から写真の使い分けなど、これらも全て1人で行います。作成した記事はJANNAへアップ。特におすすめな記事はJANNAのFacebookページにもアップしています。

WEBサイト分析

かくちゃんは毎朝、いや、昼夜問わず時間があればGoogleアナリティクスというサイト分析ツールを眺め、ここの数字が伸びているだとか、ここは見られてないから改善が必要とか、あーだとかこーだとかブツブツ呟いています。それに対して、他のスタッフとも意見交換をしながらサイトを改善しています。

インドで新規事業を立ち上げた同志社大生が歩むキャリア

DSC_0080 2

これを昨日の夕飯を食べながらしていました。インターン後のかくちゃんには圧倒的な希少価値が付きます。インド×英語×新規事業という経験を持った大学生はそう簡単に見つけられないはずです。大手企業、ベンチャー企業、海外就職、起業…彼がこの先どのようなキャリアを歩んでいくのか、個人的にはとても興味深いのですが、いずれにしてもインドで全力疾走している今の経験が今後に役立つのは間違いありません。


資料請求/留学相談はこちら!