インド内web制作/webマーケティング

top_web


インドのインターネット事情


インドは2013年ごろからスマートフォンの台頭に比例し、インターネット人口が爆発的に増えております。その人口は既に日本のインターネット人口を抜き、3億人近くまで増加、それでいて普及率はまだたったの20%という恐るべきポテンシャルを秘めている状況です。「インドのネットインフラは遅い、インドではネットはまだ先だ」と考えているのはインドに来たことがない人のみ。インドの都心部では日本含めて先進国と同じレベルのサービズを受けることができます。どこにでも設置されているwifi環境、格安のスマートフォン、新しく開始された4G回線などインターネット技術はあと数年で世界一のネット大国になることは間違いありません。

インターネットが普及したら必ず需要が拡大するのがwebサイト/webサービスです。今インドでは世界で2番目にwebサービスでのスタートアップが増加しております。都心部の消費を牽引しているインド人取得ミドル層は当たり前のようにwebサービスを活用し、タクシーを呼ぶ、デリバリーを呼ぶ、買い物はEコマースで行うという生活を送っているのです。

インドのインターネット事情の1つ目の特徴としては90%のユーザーがスマートフォンからアクセスするということ。今、日本ではパソコンからスマートフォンシフトが起きていますがインドの場合、スマートフォンが初めてのインターネットデバイスという方が非常に多く、「スマホファースト」と呼ばれ、webサイトを制作するときにスマートフォンベースで考えていくということが当たり前になります。さらに”アプリ”でユーザーを囲い込みにすることなども検討していかなければいけません。さらにこれは何もコンシューマー向けのサービスだけに限りません。エンタープライズ向けのサービスでもスマホ化は必須だと考えていいでしょう。

2つ目の特徴は言語です。インドは大きな国で母国語が20言語近くあり、インド人同士でも会話できないことがあります。そのためビジネスシーンでは英語を活用してコミュニケーションを取っていきます。そのためwebサイト/webサービスも全て英語化する必要があり、日本でのマーケティングと比較して非常に難しいのが現状です。


インド内web制作

インド国内でweb制作,webマーケティングを専門に行っている日系企業は現状ありません。そのため日系企業は非常に難しいインドwebマーケティングを未経験の担当者が行っているのが現状です。また本社と連携して本社のwebチームやベンダーを活用してインドweb攻略をしようとする企業もありますが、当然インドという特殊なマーケットを遠隔で攻略することは非常に難しく、距離の壁やコミュニケーションギャップもあり上手く行っている企業はほとんどない現状だと考えています。
インドのweb制作ベンダーを活用することも一つの手段ではありますが、良い話はなかなか聞きません。制作コストは格安ですが、その後の保守/運用ができない、webマーケティングを含めて戦略提案ができない、web制作の手段が雑なことから本人以外が触れないようなwebサイトをいくつも見てきました。しまいには納品前に連絡がつかなくなったという話も聞きます。web制作/webマーケティングは1〜2年かけて長期的に運用することによって効果が最大化されます。webサイトは24時間無給で働ける営業マンと呼ばれることもあり素晴らしいwebサイト,webマーケティングは”営業活動”をしてくれます。クライアントの課題を適切に解決するwebサイトは事業の成長に大きく貢献することでしょう。


WEBソリューション

  • インドweb制作

    WEB制作

    ・HP制作(企業サイト)
    ・LP制作(キャンペーンページ)
    ・Androidアプリ制作
    ・WEBサービス制作(会員登録サイト)
    ・SNSページ制作(Facebookなど)
    ・スマホサイト制作

    スマホでも見れるレスポンシブ対応、インドのネット環境でも十分に見れるようにサイト自体を軽く制作し、機種依存しない技術でサイト制作を行います。
  • インドwebマーケティング

    WEBマーケティング

    ・サイト分析/サイト最適化
    ・CVR増加施策
    ・EFO最適化施策(フォーム最適)
    ・アドネットワーク
    ・SNS最適化

    現状のwebサイトを分析し、webサイトゴールに最適なソリューションを提案させていただきます。広告予算+サイトパフォーマンス+成果とセットでご提案させていただきます。
  • インドSEO

    SEO最適化

    ・キーワード分析
    ・キーワード最適化
    ・内部構造変更
    ・被リンク分析
    ・サイトコンテンツディレクション

    インドでのサーチエンジン攻略は非常に難しく英語化だけでなく、インド最適化を行う必要があります。また英語検索の検索ボリュームは膨大で明確なSEO戦略がないと数字に惑わされてしまいます。


web制作基本料金

費用/Rs インド業者

MISAO

日系業者
WEB制作 50,000Rs

100,000Rs

250,000Rs
マーケティング 10,000Rs

20,000Rs

50,000Rs
SEO 10,000Rs

20,000Rs

50,000Rs
※料金は工数と難易度によって変動します。ヒアリングの後のお見積書にてご検討ください。
※消費税はグルガオンの消費税(VAT)が適用されます。
※インド業者,日系業者はあくまで平均を目安化したものです。ご参考程度にご検討ください。
※SEO,マーケティングは月額の作業,コンサルティング費用になります。3ヶ月単位でのご契約となります。


制作/コンサルティング実績

1.日系測量メーカー様のキャンペーンページ制作/webサイト制作(1ヶ月)
新規見込み客獲得のために広告の着地ページとして既存のHPとは異なりシンプルにお問い合わせをさせるページを作成

2.日系人材紹介企業様の新規webメディア立ち上げ/Webマーケティング,SEOコンサルティング(4ヶ月)
日系人材紹介企業様の新規ブランディング構築のため関連メディアを立ち上げる際のサイトディレクション,制作のアドバイス,SEOのコンサルティング

3.日系消費財メーカー様のキャンペーンページ制作/サイト制作(2ヶ月)
商品のサンプリング用キャンペーンを行うためのランディングページ制作

4.日系政府機関のサイト修正/サイト制作,webマーケティング(3ヶ月)
インドにある日系政府系機関の公式HP制作.サイトディレクション,webマーケティング

5.日系レストランのリブランディングアドバイス/SEOコンサルティング,デザイン,チラシ製作(4ヶ月)
日系レストランのコンセプトメイキングからPR戦略,特定キーワードでの上位表示など




コンサルタント紹介

1391713_581475811901704_151372210_n
斎藤康太 
2011年 早稲田大学卒業
2011年 株式会社ソーシャルリクルーティング創業 取締役
2013年 Misao India Private Limited Director
2014年 Carnival.Inc CEO/Thailand
2016年 グルガオンにて起業準備中

学生時代からITを駆使し、個人事業として活躍。SNSを活用したマーケティングに関連した講演多数。卒業と同時に株式会社ソーシャルリクルーティングを創業。2011年,2012年ベストベンチャー100に選出。著書「小さな企業が活用するFacebook採用術」。そのあとインドでMisao India Private Limitedを経営しながらフリーでwebのコンサルティングを行う。同時にタイで旅行系スタートアップの立ちあげ,インドでもwebサービスの立ちあげを行う。得意領域はwebマーケティング全般,ディレクションから制作,デザイン,SEO,アドなどwebに関することはすべて網羅的に知識,経験があります。




制作ヒアリング

インドでのwebソリューションはお客様ぞれぞれのニーズがあるため、まずはヒアリングとナレッジシェアを行います。その上で我々と戦略を作り、webを展開していきます。まずはお気軽にご相談/お問い合わせください。

会社名

お名前

メールアドレス

資料請求/留学相談はこちら!