今回は実際に筆者がインドにきて感じたインド人特有の特徴をご紹介いたします。インド人には僕たち日本人が持ち合わせていない仕草をもっており、ありがとうの伝え方も特徴的です。

なので事前に情報がなければインド人のことを勘違いしてしまうこともあるでしょう。留学した際にはぜひインド人と良好な関係を保てるようにあらかじめ前知識をもっておくことをオススメします。

インド人のうなずき方

『うんうん』

誰かとコミュニケーションを取る中で、同意やOKの意味を表すのが『うなずく』という動作ですよね。日本でも交渉の際に使われる慣用句に『首を縦に振る』『首を横に振る』という言葉があるように、もちろん同意の意味では縦に首を振る。

外国の映画などを見ていても、同意やOKサインでは首を縦に振ってうなずいている。だからこそ、この動作は世界共通のものだと思っていました。ここ、インドに来るまでは。

実際に見ていただいた方が分かりやすいので、インド留学のMISAO『vine』アカウントで撮影した動画を用意しました。それでは、本場インド人のうなずき方をご覧下さい。


首を横に曲げています。横に振ってもいません、曲げています。どうして首を横に曲げているかという理由に関しては、日本で首を縦に振るのと同じように当たり前の価値観として染み付いているようで説明できないようです。

このインド式のうなずき方に合わせて、OKを意味するヒンディー語『ティケ!』と言えば、インド人とのコミュニケーションもばっちりなのです。しかしながらこの動画のインド人の方々は笑顔ですが、多くのインド人はあまり表情が豊かではありません。となると、同意しているのか反意を示しているのかとても分かりづらいのが困りものです。

このうなずき方を見極められるようになれば、買い物でも交渉でもスムーズにいくことでしょう。インド人とのコミュニケーションは、慣れてからが勝負なのかもしれません。

インド人の考え方

インド人特有の考え方”ジュガード”

インドではまだまだ途上国の側面が様々見受けられます。インフラ一つとっても、停電や断水はしょっちゅう起こりますし、雨が降ったら町中のあらゆるところで、洪水状態になっています。そんなインドですが、留学中にも何度も小さなトラブルに巻き込まれます。それでもインド人はジュガードで乗り切ろうとするのです。

ジュガードとはなんとかなるだろうという考え方や、工夫してトラブルを回避するなどの意味を持った言葉です。日本人からすれば信じられないことかもしれませんが、計画はあくまで計画でしかないことがビジネスでもしばしば見受けられます。

それは考え方がもともとジュガードがあるので、トラブルが発生してからでもなんとかするか大丈夫だよという楽観的な思想が生活やビジネスの様々な面で見受けられます。

インド留学でインド人と触れ合うには

インド留学でインド人と関わることは実は難しかったりします。まずは自分の生活に関わってくるインド人とは親しくしてみましょう。店の人、ホテルの人、ドライバーさん、みんな人なつこくて親切ですし、トラブル時には必ずジュガードで助けてくれます。

インド留学中にインド文化を感じたいのであれば、積極的にインド人になじみ、生活だけでなく、人との交流は欠かせません。インドは生活するのに非常に大変な国ですが、多様な価値観に触れる良い機会だと取らえて積極的に交流し、あなたもジュガードを取り入れてみてはいかがでしょうか。

インド人には悪気はないが僕たち日本人が知らないことが原因でインド人のことを悪く思ってしまうことが多々あります。国が違えば文化や考え方、仕草が違います。それら一つ一つの違いを楽しむことができると今後あなたの留学生活もあらたな発見に出会うことができると思います。せっかくの留学はよりよいものにしていきましょう!


資料請求/留学相談はこちら!