インドで海外インターン日記〜社会人としての常識〜


インド海外インターン生の日記〜社会人としての常識〜

組織のルールを理解し、実践できていないこと

自分からルールを確認する、率先してルールを守る姿勢を持ちます。そもそも社会人として当たり前のことが身についていないので、ルールやマナーをメンバー以上に意識する必要があると感じました。今日はメール送信時のルール、文書提出時のルールが守れていませんでした。


メール送信時にCCを使わずに送信相手のみにメールを送信したこと

「わかっているのにやらなかった」ことでした。新ルール適用後のMISAO内でのメールのやりとりの様子をもう少し見たかったからです。新しいことをはじめる際に他人の様子を見てから動こうという考えがありました。今回だと私がメールを送信する以前に、斎藤さんが数件メールを送信していましたが、松尾さんやタラさんなど他の人も問題なく新ルールを適用しているのを確認した後、自分も同じようにやろうと思っていました。


サマリーや文書の添付を入れずにメールを送信したこと

忘れていました。メールを送信した際「ただメールを送信して、相手に文書を確認してもらえばよい」と思っていたので、まったく意識していませんでした。


文書提出時に関して誤字、脱字、文章様式などを確認せずに、「ホームページ体験談」の文書を提出したこと

こちらも「相手に確認してもらえばいい」と思っていたので、自分自身が文章をチェックすることを怠りました。留学生・インターン生の体験談を集め、ホームページで公開するという流れでしたが、「自分の仕事は集めることであり、ホームページ公開までに誰かが確認してくれる」という甘えがあったと思います。


他人の様子を見てから動くのではなく、自分が正しいと思ったら動く姿勢を持ちたいです。昨日のMTGで決まったルール、社会人として当たり前のマナーなどは無意味に決まったり守られるものではないと思うので、その背景や理由を考えながら実践していきます。一つひとつの仕事への責任感やまかせてもらえる仕事が増えることにもつながるので、まずは基本を大切にしたいです。

資料請求/留学相談はこちら!