インドで海外インターン日記〜工数を見積る/エクセルを使いこなす〜


インドで海外インターン日記〜バッファーを設ける/エクセルを使いこなす〜


to doプランの甘さ

今日は一日のほとんどを旧留学生・インターン生リストから新留学生・インターン生リストへの移行に費やしました。昨日立てたプランでは1時間30分で終わらせることになっていました。実際に旧留学生・インターン生リストを見ずにプランを立てたので事前に確認しておけば、留学生・インターン生リストの移行にどれくらいの時間がかかるかもっと正確に考えることができ、他のto doとの兼ね合いも考えてプランを立てられたと思います。今まで立ててきたようなプランだと遅れが生じた場合に対応できないので、to doが達成できない場合に当てる時間を作ります。例えば、明日のプランは授業消化数などの留学生リストの書き換えのみを1時間30分で行うつもりで立てています。「旧コンタクトリストを新しく移し替える」必要があると少なくとも1時間30分ほどかかるので、そうなった場合は第二言語でヒンディー語を選択できる学校のリスト化分の時間を当てる予定です。


効率的に行う方法を考える

留学生・インターン生リストの移行に時間がかかったので、もう少し効率的に作業を進めていくべきでした。実際にエクセルを使い慣れた人が同じ作業をした場合、どれくらいの時間で終えられるかはわかりませんが、少なくとも自分よりは早く終わると思います。明日以降は効率化するために以下の2つをやってみます。
1.エクセルを最大限活用して、関数や並び替えを使う→使えそう、ありそうと思った機能は探す
2.まとめて同じ項目を入力する→個人ごとにデータを入力せずに、項目(日付など)ごとに入力する

資料請求/留学相談はこちら!