インドで海外インターン日記〜ゴールを考える/効率のよい営業〜


インドで海外インターン日記〜ゴールを考える/効率のよい営業〜


Work with awareness of terms & aim

フライヤー作成時にあまり意識できていなかったように思います。フライヤーのゴールは、興味を持って手にとってもらい、MISAOに問い合わせ・入校してもらおうと思わせることです。キッズ用チラシと両面印刷になるため関連性を持たせること、主婦向けの3点(授業料、無料体験レッスン、同時入会割引)を目立つように紹介することという条件を守りつつゴールを達成しなければなりませんでした。仕事を進める前の条件・ゴールの確認が甘かったので、これらが守られず、時間をかけて作ったものが訳に立ちませんでした。これからは仕事を進める前に条件・ゴールを人に確認し、それらを自分でも整理してから仕事に取り掛かります。また、フライヤー作成全体の条件・ゴールの意識が甘かったので「今日中にフライヤー案を完成させる」という一日のゴールが達成できませんでした。取り組んでいる仕事全体の条件・ゴールだけでなく、達成するためのプロセスやプランに基づいた細かいゴールも確認・整理しながら仕事を進めたいと思います。


I’m not good at sales talk

自分の話したい・聞きたい方にうまく話をもっていけないため、結局かけた時間の割に効果が薄くなってしまうと気づきました。今日のグルガオンコネクションでは日本人に人気のあるお店やよく主婦が利用しているお店を探すことが目的でした。日本人妻の集まっている中に違和感なく紛れ込むことができたので知らない輪にはいって知らない人と喋ることはできました。しかし、肝心の情報をなかなか引き出せずに困りました。ビジネスではなく、交流を求めにきている方達の場の雰囲気を壊さずに自分の知りたいことを聞くことが想像以上に難しかったです。先日、アーユルヴェーダのチラシをグルガオンコネクションで配布した際もなかなか宣伝することができなかったです。現状だと費用対効果が悪いです。用件だけ伝えれば今かかっている時間の3分の1程度で済むと思います。どうすれば奥様方と喋りつつ、自分の聞きたいこと・伝えたいことを言って、うまく去れるのか、まだわからないので、とりあえず場数を踏んでいくことが必要だと考えます。最終的に自分のやりたいことができるように、上手く誘導できるようにしたいです。そのためにただ場数を踏むだけではなく、費用対効果の指標となる時間を常に意識するようにします。

資料請求/留学相談はこちら!