インドで海外インターン日記〜力不足をどう補うか/時間をムダにしない〜


インドで海外インターン日記〜力不足をどう補うか/時間をムダにしない〜


I’m conscious of my lack of ability.

今日は自分の力不足とそれを自覚することの重要性を改めて認識しました。

1.力不足
日本人学校に電話をかけた時は本当に自分の喋る力の弱さがわかりました。自分だけがその失敗を被るならまだしも、MISAOに迷惑をかけてしまったので本当に申し訳なかったです。力不足と一言で言ってしまうと簡単ですが、結局のところ、経験不足と準備不足という2つの要因に分解できると思います。自分から会社や社会人にかけるという機会や相手に何かをお願いするような電話をかける機会がなかったので経験不足という点に対してはこれから場数を踏むしかないです。準備不足に関しては、相手の特徴やメリットを考えてそれに合わせて喋る内容をもっと考えておくべきでした。私は論理的にわかりやすく喋る、アドリブを使いながら上手くお願いすることがもともと上手くないので、今度から電話でお願いをする時は相手にお願いするテクニックを調べて、それを取り入れながら、事前に喋る内容を考えます。

2.自覚すること
自分の力不足を認識しておくことが改めて大事だと思いました。自分ができないことを適任者にやってもらうためです。日本人学校への電話だと斎藤さん、チラシの印刷なら松尾さんに任せるなど適任の人に任せることで上手くことが進んだと思います。人に任せすぎるのもよくないと思いますが、最適な状態で仕事をする必要がある以上能力のある人に頼ることも必要だと感じます。いまの私はタスクを他人から振られている状態なので、他人にタスクを振れるようになっていきたいです。自分のちから不足を認識することでこの仕事をするのは誰が適任かがわかりやすくなると思います。また、人に頼るだけではなく、自分も何かのスキル等で他の人の利益につながるようにしたいです。


time is money

今日の電話がうまくいかなかった時に、パニックになって自分が何をすればいいかという次のアクションを考えるほうに働かず時間を潰してしまいました。ただでさえ、to doが増えてきているので、失敗して次につながらないことを考えるのは時間が勿体ないです。悩む時間目安を決める、全準備をしっかりとすることで自分の仕事がうまくいかなくても次へのアクションをつなげられると思います。

資料請求/留学相談はこちら!