インドで海外インターン日記〜アウトプットをイメージする/フィードバックを歓迎する〜


インドで海外インターン日記〜アウトプットをイメージする/フィードバックを歓迎する〜


Give tasks priority

自分のやらなければいけないこと、早くやらなければいけないこと等を整理して取り組まなければいけないと思いました。昨日のMTGでto doの数は少ないですが、それぞれ一つ一つが時間のかかるto doを割り振られました。優先順位を割り振らなければならないとわかってはいても、どう割り振ればいいか迷う時がまだあります。また、いつまでに終わらせなければならないかという期限の考慮がまだあまりできていないので意識する必要があります。優先順位をうまくつけるためには、今週の目標でもある「アウトプットをイメージする」ことが鍵だと思います。例えば、自分の出したアウトプットを基に誰かが次の仕事を行う場合は早く仕事を回すと相手が余裕を持って仕事に着手できます。

また、早急に準備が必要な書類やデータならば、当然優先順位を上げる必要があります。自分の仕事がどれくらい重要性があるか、スピードを求められているかでアウトプットの優先順位や取り組み方が変わります。アウトプットを意識するために、自分の取り組んでいる仕事はどれくらい時間がかかりそうか、誰のためにやっているのか、何のために必要なのか、本当の期限はいつまでなのかといったアウトプットに関することを自分で考えたり、周りに確認しながら仕事を進めていきます。


Don’t forget reporting

今日、指摘をされた通り、自分が取り組んだことの報告が減っています。以下が原因だと考えられます。

1.一つの仕事を終わらせた時に、作業が終わればその仕事はすべて終わりだと思ってしまいがち
2.日報を書いているから全員が知っているだろうという考えがあった
3.「怒られたら嫌だな」と心のどこかで思っている

自分はMISAOメンバーの中で唯一社会人経験がありません。そのため、一番フィードバックをもらいたいですし、もらわないといけないです。まず、1に関してはMisao To Doにdoneをつける時にメールで資料等のチェックを受けているか確認します。次に2に対しては、日報で報告するとその日の仕事内容をメンバーが知るのは一日が終わった後になります。日報でのアウトプット報告は一日の仕事内容の一覧であり、中身の確認は行わないという考えに変えます。最後の3に関してはどうしようもないですが、指摘してもらえるのはありがたいです。「報告」を自分の中で義務化することで、「指摘を受ける」ことに慣れたいです。

資料請求/留学相談はこちら!