インドで海外インターン日記〜時間を細切れに使わない/運用を目的とする〜


インドで海外インターン日記〜時間を細切れに使わない/運用を目的とする〜


spend much time to response「回答に時間がかかる」

今日、はじめて留学・海外インターンを検討している学生に対応しました。どう返事を返せば相手に留学をしたいと思ってもらえるかわからず、対応にとても時間がかかりました。早く的確なメールを返せるようにしたいです。まずは相手のことを考えることを優先してメールを作ります。また返信によって使える時間が細切れになってしまい、今日一日で何をやったかよくわからなくなってしまいました。もう少し工夫して他の仕事のためにまとめて時間を使えるようにしてもっと全体の生産性を上げられるようにしたいです。明日以降は目安として1時間に1度チェック・返信をするようにします。

the purpose is operation.「運用を目的とする」

今日留学・海外インターン検討者インタビュー用のシートを作りましたが、まったくできていないに等しかったので修正してもらいました。実際に運用するという意識が甘かったです。資料を「作る」ことが目的化して、実際に「運用する」という意識が足りていないことが多いです。そのために必要事項が抜けていたり、資料がわかりにくくなっています。まずは資料を作成する前にもう一度人に目的を聞いたり、自分で考えるようにして、完成後に確認する際もその目的に沿って行うようにします。また、もっとレイヤーを意識するようにします。今週の目標達成プランと似ていますが、全体を考えてから部分を考えることをもっと習慣化する必要があると思います。まずは今週の目標を意識して全体から部分を考えるようにします。

target of week「think the next action」

今週の目標は2つのことを1つにまとめています。まず1つ目は「次のステップまで考える」ことです。いま、自分はその時に自分がまかされた範囲でしか物を捉えられていないので、次のステップを行う人や次のステップを行う時のことまで考えて仕事を進めたいです。そのためにまずは全体の後、部分を考えるように仕事をします。例えば、図に描いたりすることで全体プロセスの分解を意識します。2つ目は「次の人にどうしてほしいか伝える」です。自分の範囲の仕事が終わった後、次の段階の人に確認してもらったり仕事を回すときに、具体的に次はどうしてほしいのかを伝えられるようにしたいです。そのために例えばチェック後に指示がない場合は自分から具体的な指示案を出すようにします。

資料請求/留学相談はこちら!