インドで海外インターン日記〜改善マインドを持つ/施策の狙いを考える〜


イメージが共有できているかを確認する

今日は成果物として出せるものが少ないです。映像制作の失敗・再録が原因なのですが、完成間近になって致命的なミスをしてしまったことに気付かされました。
振り返ってみると、康太さんから指摘されたように映像の企画・撮影協力の依頼段階から問題がありました。
・協力者に対して自分のイメージを共有せず、撮影時の立ち回りなどを丸投げしてしまったこと
・更にいうと自分の中に具体的な絵・イメージが浮かんでいないままぼんやりとした言葉だけで依頼を行い、撮影に突入してしまったこと
・撮影に使える時間が少ないにもかかわらず、起こりうるトラブルについて考えていなかったこと(とくに今回みたいな形式で撮影する場合、カンペを用意しておくべきだった)

映像を取る際に何を準備しておくべきなのか・どんなトラブルが起こるのかを考え抜けていなかったことが問題だったと思います。

映像にかぎらず、今後、人の協力を得る必要がある成果物を担当するときは、
・最終成果物のイメージをしっかりと考える。他人任せにしない。
・他に近いものがないかどうか徹底的に調査する。
・当日、何が問題になりそうか、考えるもしくは協力者と話し合う。
ということを常に実施していこうと思います。

70%でもいいから早く出す

上記の映像制作に関して、編集やテロップ付けをしていた半日分時間を無駄にしてしまいました。映像を撮影した時点で、正直自分もぎこちなさを少し感じていながらも、そこまで大きな問題だとは捉えておらず、完成品を提出するためにすぐに編集作業に入ってしまいました。そして、FBをもらって初めて致命的な問題であると気づきました。自分は、ある程度納得できる進捗状況でないものは、指示・FBを仰ぎたくないと考えてしまう癖があるように感じていますし、自ら積極的にコミュニケーションをとることを怠っている部分がかなりあると感じました。今後は、成果物について疑問に思うことや不安を感じたら、どんなに自分の中で中途半端だと感じていても、すぐに報連相をするように心がけます。

資料請求/留学相談はこちら!