IMG_8947


今回は、Misaoの毒舌キャラ佃菜摘さんにインタビューさせていただきました。




【プロフィール】
佃菜摘
大阪大学外国語学部ウルドゥー語学科在籍


【滞在プラン】
1ヶ月英語、ヒンディー留学
2ヶ月NGOインターン



【なぜ海外に興味を持たれたのですか?】

中学の頃から海外に住みながら、外国人と働くことが夢だったんです。



家庭も、母親がECCの英語の先生で頻繁に、「英語を勉強しろ」と言われていましたし、父親も海外出張が多く、当時、海外に行ったことはなかったのですが、私の中で海外は常に身近にありました。小さい頃から、私も将来海外に行くものだと思っていて、使命感を感じていました。その結果、大学受験では、外国語学部に入る選択肢しかなかったですね。



私は今、大学でウルドゥー語を専攻しているのですが、本当はフランス語やドイツ語、イタリア語などヨーロッパの言語を学ぼうと思っていました。ヨーロッパはオシャレとか綺麗なイメージがあり、興味がありました。単純な理由ですけどね。



しかしながら、受験で上手く行かず、、、ウルドゥー語学科に行くことを決めました。



ほんとうなら、ヨーロッパにいるはずだったのに、今はインドです。真逆のイメージの場所に来てしまいました。笑
しかも、インドに来たのは今回が2回目なんです。



前回、一年前なんですけれど、ムンバイで、英語とヒンディー語の語学留学していました。
ウルドゥー語とヒンディー語は似ているんですよね。



まさか、またインドに戻ってくるなんて、、、インドの見えない力に引き戻されてるような不思議な感覚です。


1482788_886886774655436_8954826097064915566_n



【小さい頃から海外志向が強かったんですね。
わたくしも以前インドに来ていて同じ感覚を味わっています。笑
なぜまたインドに来ることを決意されたのですか?】




今回の留学は1年間、大学を休学しています。


休学の理由も、周りの友達も外国語学部ということもあり、みんな休学しているから「私もやろう」と本当に単純な考えから始まりました。



インドに来る前は、シンガーポールでワーキングホリデーをしており、レストランのウエイトレスとして働いていました。



シンガーポールで働いて、日本と比べて接客もカジュアルだし、みんなフレンドリーで、さらに海外の魅力に惹きつけられました。



シンガーポールのビザが半年の期間だったので、残りの半年はどうしようかと考えていた時、なぜか私の頭の中に、インドが浮かび上がりました。残りの時間を有意義に使いたかったですし、もう一度、厳しい環境に身を置いて成長したかったんです。



インドでは英語もヒンディー語もできますし、今度はインドに行って、インターンに挑戦しようと決めました。


1897738_10201907845736104_4527799184767313585_n



インターンに関しては、最近、ウルドゥー語を勉強しているだけでは、アドバンテージを感じ、そこで、今回インドで英語をもっと使いたいと思い、インターンに挑戦しようと決心しました。



実際にシンガーポールでも、英語を使える環境に飛び込み、実践的に英語を使ったほうが、英語は喋れるようにもなりました。




【厳しい環境に飛び込んで行く感じは佃さんらしいですね。
実際にインドでインターンされて、どのように感じていますか?】



現在、「End Pverty」というNGOで働いてます。



日本人が私1人で大変ですが、周りの同僚と英語でのコミュニケーション、英語資料の解読、翻訳、、、毎日悪戦苦闘の日々ですね。



そんな環境が、私を更に成長させてくれていると感じます。




【NGOでインターンをされていますが、
もともと興味はありましたか?】


英語を使える環境だったという理由で、ここを選びました。正直な話、初めは、全くと言っていいほど興味はありませんでした。



しかし、NGOに関わっていく中で徐々に、この仕事にやりがいを感じていくようになりました。




仕事でよく小さい村に行くのですが、学校に行けない子共たちがこんなにも多くいるのだな、と実感しました。私が、「将来なにがしたいの?」と子供たちに質問しました。


すると、


「勉強がしたい!!」と返ってきました。こんなに意欲がある子がたくさんいるのに、、、
教師も


本も


ペンも



本当に何もないんだなと衝撃を受けました。




噂には聞いていましたが、実際、沢山の援助が必要な村を目の当たりにし、声が出ませんでした。今、私は何もできません。でも、このことを次の人達に伝えるのが、今の私の「役目」だと思っています。



可愛い子どもたちのためにも。


10630638_811040262252403_3693947980570438102_o




【初めは興味がなかったのに、NGOに関わっていくにつれ
佃さんの中で何かが変わっていったんですね。
今回インドで過ごされて、インターン以外ではどう感じられていますか?】




Misaoでは、私の周りに、将来のことを真剣に考えてる人が多く、非常に刺激を受けます。



私の場合、多くの駐在員の方に食事に行き、ビジネスや、将来の話しをするために、企業の方と積極的に関わっていくようにしています。こういった貴重な体験は日本ではできないですよね。




インドに来て、さらに自分のことを考えるようになったことは、プラスになりました。




【私も佃さんから非常に刺激をもらっています。
最後に今後について聞いてもよろしいですか?】




宗教に興味があるので、近々、パキスタンに行こうと思っています。とくにイスラム教に興味があります。きっかけは、専攻のウルドゥー語の授業でウルドゥー文学詩で、よくイスラム教のことが書かれていました。豚は食べなかったり、断食したり、宗教心が強く興味が湧きますよね。


もちろんインドのヒンドゥー教も同じような感覚で面白いです。


それと。


やっぱり私は、途上国に興味があるんだなと感じています。もっと経験して、力をつけ、将来的に途上国でチャレンジしたいなと思っています。








彼女の心境はインドで変わっていったんですね。
行動的で何事にもチャレンジしていく姿は素晴らしいです。










佃菜摘さんありがとうございました。






※松ペディア

~ウルドゥー語とヒンディー語の違い~
ウルドゥー語はイスラム教徒、ヒンディー語はヒンドゥー教徒など非イスラム教徒が使うような感じだったと思います。

とにかく、似ている言語だそうです。







【編集:松本】












インド留学に興味のある方は下記URLまで!
http://study-abroad.misao.in/

資料請求/留学相談はこちら!