【プロフィール】
棚瀬大地
(三重県出身/19歳)

【インド滞在プラン】
1ヶ月語学留学

【好きなカレー】
バターチキン

 

日本のありがたみの中で、向上心を忘れてしまうと思ったんです

 

ーー棚瀬くんは19歳とお若いですが、どういった流れでインドに来ることになったのですか?

日本では今アルバイトをやっていて、高校3年で進路を決める時からインドに行くことは決めていました。本当は1年前に来る予定だったのですが、諸事情で1年かかってしまって。今やっと念願のインドに来れましたね。

 

ーー数ある国からどうしてインドを選んだのですか?

発展途上国に行きたかったという想いが強かったですね。日本のありがたみを感じていると、それが当たり前になってしまうと、向上心が無くなってしまうのではないかという危機感があったんです。

だからその中でも日本とかけ離れていそうな国・インドは刺激的になると思いましたし、経済的発展という部分でも魅力を感じていました。

DSC_0073 2

消極的・閉鎖的、日本人に似ているという意外性がありました

 

ーーそうして来られた念願のインドは、実際どうでしたか?

僕の住んでいる場所がデリー近郊で都会ということもあり、ここは過ごしやすいなと思います。だから日本で想像していたギャップは感じないですね。

ただ、スラム街の暮らしにびっくりしました。スラムの人に声をかけられて、あまり何を言っているか分からなかったのですが(笑)、食べ物を恵んでほしいようなそぶりで、それがショックを受けたというか格差を感じましたね。本当にこんなところがあるんだな、って。

 

ーーそれは日本ではまるで見ない光景ですもんね。

そうですね。けれども、なんだか日本人に似ていると思いましたね。インドにもともと悪いイメージはあまり持っていませんでしたが、消極的というか、閉鎖的なところを感じました。

街中を歩いているとジロジロ見られるものかと思いきや、目をそらしたり合わせようともしないインド人も多くて。そのかんじが何だか日本人と似てるなと思って、それが意外性でしたね。

あと実際に生活してみて、停電は多いです(笑)。

DSC_0082

インド、1ヶ月じゃ足りないです

 

ーー1ヶ月間の滞在と短期ではありますが、期待していることは?

いろんなところに行きたいと思っています。もっとスラムっぽいところにも行きたいですし、観光目的で遠出もしたいですよね。インドは土地がとっても広くて、有名な観光名所も、見所も沢山あるからこそ、いろいろ見ていきたいと思います。ただ、暑いです(笑)。

いざインドに居られる時間が少なくなると、滞在1ヶ月では短いと感じてしまいます。それくらい充実していますし、期待していたものに応えてくれる国だと思いました。

念願のインドということもありますから、たくさん満喫したいですね。

 

【インタビュー・写真:みやけよう


インド留学・インターンに興味のある方は
お気軽に下記ページからお問い合わせください!
(※棚瀬さんとのお話も可能です)

お問い合わせ

資料請求/留学相談はこちら!