今日はインドで一番人気の乗り物について紹介したいと思います。オート・リクシャーという三輪タクシーを聞いたことがありますか?オート・リクシャーは、一言でいうと日本の「ドアがないタクシー」です。そのため、もし乗ることが出来るなら何人でもオート・リクシャーに乗ることが出来ます。

CIMG0025

運転手さんは必ず男の人で、通常は後ろの席に女性なら3人、男性なら2人座ることができます。しかし時々人が5人以上乗っているリキシャもインドで見ることができます。リキシャはドアが無いため、乗り心地は運転手さんの運転次第で大きく異なります。道路の整備の問題で、運転が荒く、ジェットコースターに乗っているような気分にさせてくれる運転手さんや、ゆったりと風を感じることが出来て快適な気分にさせてくれる運転手さんなど様々です。

CIMG0030
リキシャに乗りたいときは、日本のタクシーのように運転手とアイコンタクトをとるか、手を挙げることで、リキシャを呼ぶことが出来ます。日本と違うところは、リキシャから「乗らないか?」と声をかけられることです。一台のリキシャに乗車を勧められているときに、他のリキシャが来て、乗車を勧められることはよくあります。

値段交渉をして目的地まで向かってくれるリキシャはとても便利で、インドにお越しの際はぜひ乗車することをおすすめします。インド留学生・インターン生は「日本にもオートリキシャがあればいいのに・・・」と口を揃えて言います。オートリキシャとはガソリンやディーゼルエンジンなどで走る三輪車です。インドではあちこちでオートリキシャを見かけます。タクシーよりも料金が安く、大変便利なため日本でも導入です。

値段交渉のコツ

リキシャの値段交渉のコツは3つあります。

1.自分が出してもいいと思う値段よりも低い値段から交渉を始めること


最初はリキシャドライバーがかなり高い値段を提示してきます。たいていのドライバーはこちらが最初に提示した金額では乗せてくれません。最初に出してもいいと思っているより低い値段から交渉をはじめると、ドライバーが最初に提示した値段から少しずつ下げてくれます。2人の妥協点で値段が決まるので、最初は低い金額からスタートして粘り強く交渉してください。

2.複数の人に値段を聞くこと

どれくらいの値段で行けるのか、はじめて行く場所だとわからないと思います。そういう時はだいたいこれくらいだろうと思う値段で複数人と交渉してください。誰でも快く引き受けてくれれば、その値段は相場より高いとわかります。どう頑張っても誰も乗せてくれない時は相場未満の値段です。

3.乗らないふりをすること

交渉の最終手段です。交渉が行き詰まったら、その場から立ち去るふりをしてください。もっと値段を下げれる場合はドライバーが必死に追いかけてきます。そういう場合はたいていこちらが納得できる値段を提示されます。追いかけてこない場合は、さっさとあきらめて他のドライバーとの交渉を始めましょう。

文章で書くと簡単なように思えますが、実際の交渉はかなり根気が要りますし疲れます。それでも乗りたいと思えるくらいリキシャには魅力があります。インド留学中にはぜひ乗ってみてくださいね。


資料請求/留学相談はこちら!