クトゥブ・ミナール


デリの郊外にあるクトゥブ・ミナールはご存知ですか?インド留学中にさくっと訪れることができる遺跡です。


クトゥブ・ミナールの概要

クトゥブ・ミナールはサウスデリーに位置している遺跡であり、1993年に世界遺産に登録された高さ725mの塔です。ミナールとはモスクの尖塔(ミナレット)を指し、礼拝時刻の告知を行うための塔です。インド最初のイスラム王朝である奴隷王朝のクトゥブッディーン・アイバクがヒンドゥー教徒に対する勝利を記念して建てました。アイバクの死後もその後継者によって増築が進められ現在のような形になりました。昔は塔の上までのぼることが出来ましたが、過去に子供が転落する事故があったため、今では立入禁止になっています。
塔以外にも建設途中で放棄されたアラーイ・ミーナールやオーパーツ(その場所や時代には存在し得ない物品や建物)である鉄柱Iron Pillar、インド最古のモスクQuwwat-ul-Islam Masjidがあります。


クトゥブ・ミーナルへの行き方

クトゥブ・ミナールへは車もしくはデリーメトロで行くことになるでしょう。インド留学中に訪れる際はメトロを使うと思われるので、メトロでの行き方を紹介します。メトロの場合はイエローラインのQutab Minar駅で下車してください。その後、遺跡まではオートリキシャを使います。歩いて行くこともできますが、そこそこ15~20分程度歩かなければならないため、30Rs程度で行くことができるリキシャを使ったほうがいいです。
到着したらまずはチケットを購入しましょう。外国人は専用カウンターがあり、250Rsでチケットを購入します。チケット売り場の近くで荷物を預けることができます。チケット購入場所から歩いて5分程度のところに身体検査等を行っている入場ゲートがあります。


クトゥブ・ミナールの中

クトゥブ・ミナールの中には芝生があり、多くのインド人が休憩しています。インド人の入場料はたったの10Rsなので遠足に来ている制服の子どもたちや家族連れ、カップルなどが見られます。クトゥブ・ミナールの遺跡自体は30分程度でまわることができます。何百年も錆びていない鉄柱Iron Pillarは見落としがちなので、ぜひ見ておきましょう。鉄柱を背にして手を後ろにまわして触ると幸せになれるという言い伝えがありますが、今は触ることができません。



デリー郊外にあるということで遠いと思われがちですが、気軽に行ける距離なのでインド留学中はもちろん、旅行でもぜひ訪れてくださいね。


資料請求/留学相談はこちら!