インドのサッカー事情


今、世界中のサッカー小僧達がテレビにかじりついて観ているのが、サッカー「UEFA EURO 2016」です。ヨーロッパを舞台に4年に一度開催されるサッカーの祭典でワールドカップよりもレベルが高いとか。

そんな世界が注目する大会に負けないリーグがインドにもあります。その名もインド・スーパーリーグ(ISL)です。これは2026年ワールドカップにインド代表を出場させることを目標に2014年に開始したリーグで、広告やマーケティングに力を入れているため人気が高まっています。その背景には、海外の有名選手を多数招聘したことあり、昨年度は世界の第一線で活躍した往年の名選手達がインドスーパーリーグを盛り上げていました。

6月2日に発表されたFIFAランキングでは163位(日本は57位)とレベルはまだまだ低いですが、国を挙げてサッカー人気を後押しするとなればインドサッカーが今後大化けする可能性は十分にあるかもしれません。ここではインドサッカー界の成長を任された往年の名選手を紹介します。

インドで活躍するスター選手


元イタリア代表デルピエロ/デリー・ダイナモス

デルピエロ
一発目から超ビッグネーム!まさかあのデルピエロがインドでサッカーをするなんて誰が想像できたでしょうか。2014年に加入してインドで現役引退を迎えました。最後の方はあまり試合に出られていなかったとか。

元フランス代表トレセゲ/FCプネー・シティ

とれせげ
フランス代表としてワールドカップ優勝にも導いた往年のスターが満を持して2014年から加入。彼もまた翌年に引退しました。

元ブラジル代表ロベルト・カルロス/デリー・ディナモスFC

ロベカル
監督兼選手として悪魔の左足を持つ男が2015年からインドに参戦。2012年に一度現役引退をしましたが、開幕戦で途中出場するなど40歳にして現役復帰を果たしています。

神様ジーコ/FCゴア

ジーコ
監督としてFCゴアを率いている神様ジーコ。昨年度は元イタリア代表マテラッツィ率いるチェンナイFCに敗れ惜しくもタイトルを逃したが、今後の活躍に期待が高まっています。


元イタリア代表マテラッツィ/チェンナイFC


マテラッツィ
ドイツワールドカップ決勝でジダン選手に頭突きを見舞われたことでも有名なマテラッツィが監督兼選手としてインドへ。昨年はタイトルを獲得するなどインドでも存在感を見せている。彼のチームには元イタリア代表のネスタも所属しています。

この他にも続々と往年のスター選手がインドへやってきていますが、選手として圧倒的な実績を挙げられている選手はまだいないようです。ビジネスだけでなくサッカーにおいてもインドという国は難しいのかもしれません。それでもスター選手が魅せられてしまうインドという国、そしてインドのサッカー界に今後も目が離せません!

資料請求/留学相談はこちら!