所属 立命館大学
留学内容 語学留学1ヶ月+IT留学4ヶ月


どうしてインド留学を選んだんですか?

初めに留学を決めたきっかけは、一度は海外に行ってみたいという単純な理由でした。留学先を考える際は、学ぶ環境と、そこで何を学ぶかの二つの軸で考えました。

自分を劇的に変えたい

僕は本当にだらしない人間で、今回の留学でこれまでの自分を変えたろうと思っていました。それを考えた時に、これまでとは圧倒的に違う環境に行く必要があるなと。

特に、刺激の多い国に行きたいと思いました。ショック療法みたいな感じで劇的に自分を変えられそうな環境に行こうと思い、インドに行った友達からインドは他の国と全然違うという話を聞いてインドへ行くことにしました。

プログラミングを身につける

留学で何をするか考えた時に海外にいくのであれば語学はもちろんだったんですが、日本で学んでいたプログラミングスキルを磨きたいなと。どうせやったら海外行って英語でプログラミング学べたら一石二鳥やんと思い、英語でプログラミングを学べるスクールを探しました。

これら2つの軸で考えた時に、ITが発展しているアメリカかインドで悩んだのですが、今後間違いなく経済発展していくインドを考えた時に発展途上国としてのインドは今しか見れないと思ってインド留学に決めました。

IT留学中

MISAOでの生活は?

インドは街自体がアクティビティです。

MISAO内の生活は思っていたよりも遥かに便利で、ここはインドかな?と思うこともありました。ただ、インドのインフラ整備がまだまだなので、たまに停電や断水が起こることがあり、それが起こるたびに”僕、ちゃんとインドいるやん”って実感してました。

それに一歩外に出ると、牛はモーモー行ってるしその横を高級車が走ってるし、それはそれはインド感満載なので、飽きることがなかっですね。インドにはリゾート地のようなアクティビティはないんですが、街自体がアクティビティみたいな感じなので面白いですよ。

5ヶ月間の語学×IT留学

僕は、英語2ヶ月、IT3ヶ月というスケジュールで学びました。どちらも少人数制の授業なので、授業は自分の進捗に合わせて進めてもらえます。特にITに関しては、今はマンツーマンで教えてもらっているので、分からないところはすぐに解消できるのはすごく良かったと思います。

また、プログラミングはコード自体が英語で書かれているものなので、日本語で学ぶより英語で学んだ方が細かなコードの意味まで分かり、理解が深まるという印象を受けました。

インド人だらけの学校内

MISAO内には日本語を学びに来ているインド人の生徒達がたくさんいて、休日は彼らと旅行したり、パーティーを開いたりしてインド人と遊んでいました。インド人は友達になった時の距離が本当に近いので、最初は驚きましたがこれもインドの文化だと思って最後はむしろ僕の方が距離近くなってましたね。

尾藤さんと先生

週末は何をしてましたか?

基本、インド人といましたね

週末はITの授業で出た課題をしていることが多いです。それ以外はインド人とクリケットをしたり、公園でインド人とヨガをしたり、プールに行ってインド人に泳ぎ方を教えたり、インド人との休日を過ごしました。

あと、インド人は本当に踊るのが大好きで、日本でいう夏休みのラジオ体操が、そのままボリウッドダンスに変わったようなイベントがそこらで行われているので、インド人の友達と参加しています。朝6時ごろから2時間ひたすらインドの踊り狂うのはインドでしか出来ないと思っています。

インド人とパーティ

バラナシは絶対行って下さい

リシュケシュやハリドワール、マナリなど色んなところに行きました。中でもガンジス川があるバラナシは一番良かったですね。世界にはこんな生活があるんやと。本当に衝撃を受けました。朝の4時からガンジス川に一人で座って、登ってくる朝日を見た時は色々考えさせられました。

インド人とリシュケシュ

インドで一番印象に残ったことは?

今日を生きるインド人

インド人の性格です。特にバイクタクシーを利用する際や、観光地に行った際は、とにかく10ルピーでも多く稼ぎたい商売精神旺盛なインド人達がたくさんいます。彼らを見ていると、本能で生きているんだなと感じます。とにかく必死なんですよね。今日稼がなければ明日は来ないっていう感じ。

それ見て、僕はどれだけ必死なんやろかってビンタされた感覚に襲われました。本気で変わらなあかんなって。

インドは全然危険じゃないです

またインドに来る前に、インドは危険だとか、生水を飲むと腹を壊すなどネガティブなイメージをたくさん聞いていましたが、実際グルガオンで生活する中で危険を感じたことはほとんどありませんでした。

ただ犬や牛の数は聞いていた10倍はいるんじゃないかと思います。しかし全くと言っていいほど無害なので、そこまで心配する必要はないと思います。

インド人と生徒と尾藤さん

インド留学前後の変化は?

スキル面と精神面で大きな変化があったと思っています。

Webサービス開発に成功

まずスキル面では、最終的にPHPのフレームワークを使いプロダクトを作れるようにまでなったことです。今まで何度かITを学んだことがあったのですが、途中で挫折してしまい、何かプロダクトを作れるまでの力をつけられたことがありませんでした。特に日本にいる期間はITを学習すると言っても、週に2日ほどしか出来ていませんでした。

しかし、インドに来てからは週5日必ずITの授業があり、それを3ヶ月間続けるという短期集中型で学んだことにより、挫折するという選択肢がそもそもありませんでした。また環境に関してもITのこと以外考えなくて良いので、自分に甘い僕にとってインドはプログラミングを学ぶ環境として合っていました。

独自サービスで独立へ?!

MISAOでは週に1回Webマーケティングなどを教えてくるセミナーがあるんですが、教わったことをすぐに実践してみました。自分でWebサイトを作って実際にSEO(検索対策)、広告運用もしてみたんですが、なんと狙っていたキーワードで1位を取れたんです。

短期間で成果が出たので、ほんとにびっくりしましたね。サービス内容は秘密なのでちょっと言えないんですが、皆さんも知らないうちに利用しているかもしれませんね。

行動するようになった

インドに来てから感じることは、行動にしか魂は宿らないということです。 今までは何かをやりたいと感じても、考えの中だけで完結してしまい、実際に行動に移すことが出来ていませんでした。しかしインドに来てからは、実際にサイトを立ち上げたりなど一歩踏み出す力がやっと付いたと思っています。

またインドで働く人の意見を聞き、今後10年で激しく動く世界情勢のなかで、日本人として、どう生きるべきか、20代をどう過ごすべきか自分のなかで明確な目標が出来ました。

インド留学卒業後は?

大学を休学して留学しているので、まずは復学しようと思っています。それと同時に、友達と事業をしようと考えています。まずは卒業まで期間があるので自分で稼ぐということを目標に色々なことに挑戦してみたいと思います。

また海外で働くことの重要性を知ったので、将来的には海外で戦うことを見据えて事業を考えていこうと思います。

インド留学を迷っている人にアドバイス

僕がインドに来て感じたのは、話でよく聞くインドらしいインドは、今の内だけだということです。インドは今後10年で大きく変わると言われています。もし今の発展途上国としてのインドで成長したいなら、今しかないと僕は思います。インドでIT、英語を学びたい人はもちろんですが、起業家精神のある人にもMISAOをお勧めしたいです。


資料請求/留学相談はこちら!