今まではHHの全員をより良い方向に導いてあげたいと思っていた。貧困の連鎖から抜け出すには、良い教育を受けて、以前より稼ぐことが出来る職に就くことが重要だと考え、HHの教育面を強化しようとした。

しかし生徒は自ら「勉強」しようとは考えていなかった。「なりたい職業は何?」と生徒に聞くと、美容師や陸軍などだと生徒は答える。将来の夢のためには、勉強のモチベーションは上がらなそうだ。またHHで勉強したとしても、一旦、小中高一貫で教育するインドの学校に通っていない子供たちが、編入試験を受けたり、大学に通ったりするとも思えない。

そこで私は、生徒が「困ったときに自分の力で学ぶことが出来る」ようになることを目標にした。
そのような目標を掲げて、今日の授業は2つのことをした。1つ目に、東日本大震災の際の映像を見せて、感想を書いてもらった。そしてインドで起きた自然災害について調べさせた。2つ目に、正方形、長方形の面積の公式を教え、解き方を一通り教えた後、ペイントソフトで自作の面積の問題を作ってもらった。

12
また個別に、初めてHTMLを教えた。今日のトピックは、HTMLとは?とHTMLを使ってみよう、だった。明日はいくつかのタグの使い方について教えるつもりだ。私も初心者だから、二人三脚で進んでいく予定だ。

これらの、授業を通じた個別アプローチと同時に、HHの全体を変えていくアプローチの2つを実行していくつもりだ。具体的には、明日、PCの常設化と、チャイムの設置を提案してみようと思っている。

資料請求/留学相談はこちら!