6月21日は国際ヨガの日

ヨガの日のデリー
みなさん、6月21日は何の日だったか知っていますか?そうです、この日は国連が定める「国際ヨガの日」。これは現インド首相のナレンドラ・モディさんが提案し、2014年に採択されたもので2016年の今回は2回目の開催となりました。

6月21日は一年で最も昼が長い日とされ、ヨガの世界では自然との調和を重んじる大切な日とされています。この日はニューヨークや日本のスカイツリーでもイベントが開催されたようですが、ヨガの本場インドでも早朝5時から6時までデリーの中心部コンノートプレイスやグルガオンのサイバーシティなど各地でヨガイベントが行われました。

ヨガの日
インド北部チャンディガルにあるキャピトル・コンプレックスでもインド政府主催で行われました。その参加者数はなんと3万人!これにはモディ首相も参加し「ヨガを生活の一部にしよう」と呼びかけました。インドの文化を世界に発信しようと自ら行動を起こすモディ首相、素敵です。その他、各地で著名人が国際ヨガの日をPRしており、ヨガ人気はますます高まっていきそうです。

yoga delhi

インドではうつや不安障害が社会問題になっており、多くの企業がヨガを職場のアクティビティとして導入しようとしています。生産性向上と離職率の低減のためにリラックスする時間を設けることは今後インドが息の長い成長をしていく上で欠かせない事だと思います。こういった活動で目に見える効果が出れば、インドだけでなく世界中で導入する企業が増えてくるかもしれません。

DSC_0039
ということでインド留学のMISAOでもヨガの日を称し、ITスクールのインド人先生にレクチャーを受けながら、授業終わりにヨガを行いました。夏真っ盛りなインドでは、外で運動する時間帯が限られていてついつい一日中部屋で過ごしてしまうなんてこともあります。ヨガを終えた後はみんなスッキリした顔で勉強や仕事に戻っていきました。

DSC_0029
インド留学のMISAOではヨガの本場インドでヨガ留学を行えます。ヨガ留学に興味のある方もお気兼ねなくお問い合わせください!


資料請求/留学相談はこちら!