• インド最大の日本文化イベントJapan habba

    こんにちは、インド留学MISAOの田渕です!

    2/3(日)にIISC(Indian institute of Science)で開催された、インド最大の日本文化イベントである「Japan habba」へ行ってきました。habbaとはカルナータカ州の現地語のカンナダ語で「祭り」という意味です。

    昨年に引き続きIISC(インド理科大学院)で開催されました

    立派なパンフレット

    Japan Habbaは2005年に日本語・日本文化学習者の成果披露の場として開始して、今年で15回目の開催でした。
    インドへ進出する日系企業の増加や日印関係が良好であるせいか、年々規模が拡大し、来場者数は4000人を超える大きなイベントです。

    とりあえず人が多すぎました。笑

    昨年はTimes of Indiaにも取り上げられていました。
    詳細はこちら

    今年のテーマは「七夕」ということで、七夕に関するブースや出し物が多くありました。

    天の川と短冊

    他にも日本の文化体験イベントということもあり、習字体験があったり、日本の伝統的なおもちゃを体験できるコーナー、着物試着のコーナーがありました。

    書道教室

    着物試着

    特に大人も子供関係なく人気だったのが、ヨーヨーすくいでした。物珍しそうにみんな楽しんでいました。笑

    ヨーヨーすくい

    うまく取れました!

    日本人にも人気

    Spiceup Academyのあるバンガロールには日本人が1000人ほどいますが、体感として300人ほどの日本人がいたと思います。Japan habbaは日本人にもインド人にも人気があるイベントですね。

    フードコートでは、日本食料理の販売もがありました。開催日が日本では節分ということもあり、恵方巻きなども売っていました。
    バンガロールには日本食レストランが数えられるほどしかないので、日本人にとっても日本食が食べられる貴重な機会です。

    お寿司

    日本人駐在員にとって日本食の調味料などを入手するのも困難です。
    今回出展していたJapan Travel Cafe Azuki通称あずきカフェにて日本食が購入できるそうです!
    お店では、どら焼きやようかんなどの和菓子、うどんや親子丼などの日本料理も食べれます。
    マヨネーズや食べるラー油、ごまドレッシングなどが売っていましたが、全てインドで作られているとのことでした。

    味噌の販売

    日本文化とインド文化

    何よりも驚いたのが、日本のアニメや漫画文化が想像以上に浸透しているということでした。
    外国人がコスプレをしてメディアに取り上げられるのを目にすることはありましたが、外国人がコスプレをしているのを初めて生で見ました。
    アニメや漫画の文化は世界に誇るべき文化であると思いましたし、インド人がコスプレをして楽しんでいるのを見るとこちらも嬉しい気持ちになりました。

    ナルトが人気

    コスプレコンテスト

    綺麗なお姉さんと可愛らしい天使がいました

    日本のアニメグッズの物販

    また、日本の文化を一方的に主張するのではなく、駐在員の奥様方がボリウッドダンスをされたり、日本人がインドの伝統舞踊をしたり、日本人の子供がボリウッドソングでヒップホップを踊ったりもしていたので、まさに文化交流イベントという感じがして楽しめました!

    久保木さんによるカンナダ語の歌と踊り

    まとめ

    文化交流イベントJapan habbaは今年も大成功のようでした!
    純粋にアニメや漫画が好きで日本が好きなインド人や、進出している日系企業で働くインド人がバンガロールには多くいます。
    不定期ですが、留学中の週末にこのようなイベントに参加できる機会もありますので、積極的に足を運んでみるといいかもしれません!!


  • インド留学 Menu