•  

    こんにちは!インターンシップをしているユマです。

    今回は、M.Chinnaswamy Stadiumで行われたクリケットの試合Royal challengers Bangalore vs Kings XI Punjabについてです。インドではクリケットがすごく人気のあるスポーツで、街中でもよく子どもたちがクリケットをしているのを見かけます。インドに来たからには、クリケットを見ないわけにはいかないですよね??ってことで見に行ってきました!

     

    クリケットって??

    クリケットは日本ではあまり馴染みのないスポーツですが、世界では、サッカーに次いで競技人口が多く、大人気なスポーツなんです!クリケットの世界最高峰の大会は、4年に1度開催されるワールドカップで、数億円の年収を稼ぐスーパースターたちが、10万人規模のスタジアムで、壮大で華やかな舞台を繰り広げます。テレビの視聴者数は、15.6億人に上り、単独のスポーツイベントとしてはサッカーに次ぐ規模。

     

     

    また試合時間が長いことでも知られています。
    試合形式は4タイプあり、試合時間や球数などが変わってきます!
    ①ワンデイ・インターナショナル (ODI)
    ワールドカップ形式の国別対抗戦。50オーバー(300球)限定1イニング制である。試合時間はおよそ5 – 6時間程度となる。
    ②テストマッチ
    伝統的な国別対抗戦の試合形式。球数無制限の2イニング制を採用、1試合のリミットは無い。最大5日間で勝敗を決する。
    ③トゥエンティトゥエンティ (Twenty20)
    2003年に登場した短時間で終わる試合形式。20オーバー(120球)限定1イニング制を採用、1試合2時間半程度で終了する。
    ④シックス・ア・サイド(6-a-side)
    6人制クリケット。5オーバー(30球)限定1イニング制で、1試合50分程度で終了する。

     

    詳しいルールなどはこちら:https://cricket.or.jp/about-cricket

    参照:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88

    クリケットの試合観戦にいくには

    事前にネットでチケットを買います!念のためにチケット買っておこう、と思ってサイトを見たら、2週間前なのに席が全然空いてなかったです。チケット代は、1800ルピー(2900円ほど)から37000ルピー(59000円ほど)、私が見たときには7割埋まっているという感じでした。
    残り少なかった2500ルピー(4000円ほど)の席を購入。カードで決済をして、QRコードが送られてくるという仕組み。チケットは早めに購入したのであれば、家に宅配をしてもらうこともできますが、私は間に合わず当日スタジアムで受け取るということに。これで当日にQRコードとパスポートをゲートに持っていくだけで大丈夫です!

    当日券も購入できるのですが、数も限られている上に席もあまり選べず、当日窓口に行った時には、5500ルピーの席のみ販売されていました。ネットで購入するのをおすすめします!

    試合まで

     

    インド人のサポーターの人たちが、みんな頬にRoyal challengers Bangaloreのチームのペイントをしてもらっていたので、私もお願いしました。値段は50ルピーほどです。ユニフォームも売っていたので、150ルピーで購入!試合に向けて準備万端です!

    チケットを受け取ると、ゲートに行き荷物検査を受けます。入場の際に、カメラやバッテリーチャージャー、コードなどを持っていると、お金を払って預けないといけないので要注意です。わたしはカメラを持っていたので、見つかってしまい、200ルピー払いました。厳重なチェックを受け、やっとスタジアムに入ることが出来ます!

     

     

    スタジアムの中は、インド人で大賑わい。ほぼ空席はありません。人口の多い国インドの底力を見せられたような気がします!自分たちの席を探すのも一苦労、ものすごい歓声のなか席を探しました。

    試合がスタート

    私たちの応援しているRoyal challengers Bangalore(RCB)の攻撃から試合が始まりました。

    4点のヒットと6点のヒットがあり、4点は縁のところまでボールが届いたら、6点は縁を超えるとポイントになります。4点6点のヒットがでると、会場全体が一丸となり、お祭りのように盛り上がります!チーム名のRCBは声が掠れるくらいに何度も叫びました。周りの人とハイタッチやダンスをしたり、インド人と一体になれているような気がして本当に楽しかったです!

    試合中は日本の野球観戦のように売り子がいて、飲み物やアイス、ピザなどを売っています。残念ながらアルコール類はなかったのですが、代わりにサモサ(インド料理の軽食、スパイスの効いたもの)が売られていて、やはりインド人はスパイスが好きだと改めて感じました。

    そして試合はそのままRoyal challengers Bangalore(RCB)の攻撃が2時間も続き、サポーターも少し疲れたきたところで、ようやく相手チームの攻撃に代わりました。今回は先ほど紹介したTwenty20という試合形式でクリケットにしては時間が短めですが、攻撃と守備が120球で交代します。日本の野球のようにこまめに攻守が代わるという形式ではないため、相手チームの攻撃の約2時間は少し盛り上がりに欠けるかもしれないです。

     

    私たちは攻守が代わって1時間ほどで、渋滞を避けるために帰ってしまったのですが、試合結果は応援していたRoyal challengers Bangalore(RCB)が勝利を収めることが出来ました!!

    ABD(RCBの素晴らしいバッターで、MVPを獲得した選手)に感謝!インド人サポーターに感謝です!

     

     

    試合中に仲良くなった、前の席に座っていたインド人と!!試合中にダンスをしたり、歌を歌ったりとても愉快なインド人でした!!また試合であいたいです。

     

    まとめ

    インドに来て初めてスポーツ観戦に行ったのですが、スポーツは国を超えてみんなで盛り上がり、仲良くなれるすごくいいものだと感じました。日本とは全然違う応援スタイルや今まで見たことのないインド人の数に驚きましたが、物凄く楽しかったので、次はクリケット同様、インドで大人気スポーツ、カバディの試合を見に行ってみようと思います!!読んでいただきありがとうございました。


  • インド留学 Menu