• こんにちは!インターンをしているユマです。
    みなさんはweworkを知っていますか??

    世界中にたくさんあるコワーキングスペースです。

    今回はそのひとつ、IT都市バンガロールのインド人エンジニアが集まるweworkを見学してきました!!

     

    weworkとは??

    いきなりですが、みなさんは

    月曜日が待ち遠しいと思ったことはありますか?

    仕事や学校が始まる月曜日、みなさん少し憂鬱ではないでしょうか?

    ですがwewowkのタグラインは、やっと月曜日がはじまる!(Thanks God It’s Monday!!)なんです。

    最高に刺激的なオフィススペースがそこにはあります。オシャレなオフィスにコミュニティ型ワークスペース、ジムやプール、卓球場などの施設があったり、クッキーが食べ放題、コーヒーも飲み放題、夕方はビールが飲み放題です!!

    そんなとこで仕事ができるなんて、月曜日が待ち遠しいですよね?

    詳しいweworkの詳細についてはこちら:https://www.wework.com/ja-JP

    日本のweworkとの比較

    ホットデスク/月専用デスク/月
    東京¥60,000¥101,000
    バンガロール₹7,500(¥12,000)₹10,000(¥16,000)

    東京とバンガロールでは10倍近い差もあります。東京でweworkを利用するのはすこし躊躇しますが、バンガロールであれば割とすんなり入会できるかと思います。日本ではこんなに高いのにバンガロールでは10分の1の値段で借りられるなんて入会して損はなさそうです。

    日本では現在、名古屋、大阪、東京、横浜、福岡の5都市のみの展開です。

     

    いざ、weworkへ。

    コワーキングスペースって勝手なイメージで、日本の中高生が通う個別塾のような感じだと思っていたのですが、入口でびっくりしました。イメージと全然違いました!

    入口にはweworkの利用者の方たちがデリバリーで注文したと思われる料理が。全部wework の中で済みますね!

     

     

    天井がすごく高く、開放感があり、空間を広く感じることが出来ます。仕事に行き詰っても気分転換しやすく、仕事するにはほんとうにいい場所ですね。

    実際にはどんなところで仕事してるの?

     

    窓際に座って仕事も出来ちゃいます。たまに気持ちを入れ替えるために座る場所を変えたかったりしますが、日本のオフィスではなかなか難しいですよね。働き方が自由って本当にいいですね!!

     

     

    広さとしては、コミュニケーションをとるときや打ち合わせにもちょうどいい広さです。一人で贅沢に使うのもいいですし、家のような落ち着いた空間で仕事ができるっていいですよね。私もここで仕事したい. . .。

     

    至福のひと時

     

    オシャレなキッチン。ここでは、コーヒーやカフェラテなどがクッキーとともに無料でいただけます!

    キッチンを掃除してくれる人が常駐しているので常に清潔!冷蔵庫などもあり、みんなアイスやチョコなどを保管していました。

     

     

     

    気分転換しすぎには注意?!

     

    卓球場にジム!本当になんでもあります。仕事が行き詰ったり、キリのいいところまで行ったら、汗をながしてスポーツをして、また仕事に戻る。これでもか、というくらいリフレッシュできそうです!

     

     

    なんとプールまであります!!!もうここまでくると少しリフレッシュしすぎな気もしますが、たまにはいいですよね。インドでプールを今まで見たことがなかったので、こんなかんじでプールとご対面するとは思ってませんでした!

    仕事のあとはビール片手にカラオケ大会!

     

    インド人によるカラオケ大会!日本のカラオケがインドでも行われていました。なんか少し誇らしい気持ちになりました。みんなで仕事おわりにビール片手にカラオケって最高じゃないですか?行ったのが金曜日の夜だったこともあり、みんなノリノリで歌を歌っていました。

     

     

    まとめ

     

    インド人の働き方を見ると日本人の働き方に疑問を持ちました。国が違えばこんなにも変わるのか、と本当に感じました。IT大国インドのエンジニアの働き方を実際に目で見て、毎日パソコンと向き合う仕事で、一人で黙々と狭い部屋で作業をしているより、仕事と息抜きの時のメリハリをつけるほうが、何倍も作業が進むように思いました。私も将来はwework利用者になって、自分らしい働き方をしたいと考えるようになりました。

    読んでいただきありがとうございました。

     

    最後に、屋上のテラスで雨が降ったあとにびしょびしょのマットのうえで写真を撮りながらも精一杯の笑顔の私。

     

     

     


  • インド留学 Menu