• 皆さん初めまして!!2019年4月よりMISAOに社員として入社した鈴木千尋です!
    今後は主に「kintone」と「ヨガ留学」を担当していきます。
    どうぞよろしくお願いいたします!!!

     

    簡単な経歴

    平成元年生まれの愛知県出身です!高校卒業後、1浪し九州にある大学へ進学、大学卒業後は東京で航空関係の仕事に就きました。2年ほど働いた後、「20代のうちに海外に長期で滞在したい!」という思いから退職。地元愛知県に戻り、自動車関連の会社で2年ほど働き海外渡航の為の資金を貯めました。
    そして2018年1月~南アフリカにあるケープタウンで3ヶ月の語学留学を行い、その後3週間でアフリカ南部の国々を1人旅しました。

    ケープタウン、ライオンズヘッド頂上より

    アフリカのみでは満足いかず、2018年6月~ココ「MISAO・Spiceup」にて英語・IT留学を3ヶ月経験!!2018年9月末に日本に帰国した後は、母校で高校非常勤講師として数ヶ月のみ働いていました。

     

    なぜ30歳になる今海外就職!?

    私は特にスキルがあるわけでもありません。上記経歴に目を通して下さった方はお分かりいただけると思いますが、大学を卒業してから今まで、基本的にはマニュアル通りの、いわゆる作業と言われる部類に入る業務をずっと行ってきました。それと同時に、自分で考えて行動し何かを生み出している人に漠然と憧れを抱いていました。そして2018年1月からアフリカとインドに滞在し、様々な経歴の方々と会う中で、「私も少しでいいから自分でしっかり考えて行動できるようになりたい!」という思いが強くなりました。
    正直なところ、結婚や出産などなど今後の事を考えたときに年齢の面で少し悩む事もありました。一応女性なので!笑 でも、20代ラスト(正確にはもう三十路の歳)の今だからこそ、自分の苦手な事・未経験な分野に挑戦して、自分を変えてみるチャンスなのではと考えました。

     

    なぜインドなのか?

    インドで働く事を友人たちに報告した際は、「そんなにインド好きになったの?」という反応が返ってくる事が多かったです。しかし、私はインドLOVEではありません。好きでもないし、嫌いでもない、普通です!
    では何故インドにやって来たのか。1番の理由は、やはり雇っていただけたからという事になります。笑

    その他に「インドでも良い!」と思えた理由としては、環境です!!環境というと「インドって汚いんだよね…?」と思われそうですが、ここバンガロールは皆さんが想像しているインドのイメージほど汚くないです。インドのIT都市と言われるだけあり、オフィスビルが建ち並ぶエリアに行けば日本のようにも感じます。しかし、日本の都市のような慌ただしさはなく、どこかゆっくりとした時間が流れています。

    大通りにあるモール

    そしてバンガロールは、1年を通して気候が安定しています。デリーのように夏場の最高気温が40度まで達するということもなく、1年中最高気温は28度前後です。私は日本の寒い冬が大嫌いなので、ずっと夏のような気候で過ごせる事はとてもプラスに感じました。

    住宅街

    後は食事ですね!!「毎日カレーばっかり食べるの?」という質問は日本にいる時何度も聞かれました。私は辛いスパイスのカレーが嫌いです。でも、バンガロールには様々なジャンルのレストランがあります。イタリアン、中華、韓国料理、チベット料理、ベトナム料理、日本食などなど…もちろん辛くないカレーのお店もあるので、カレーを時々食べる事もあります。レストランに関してはこちらの記事に詳細があるので是非1度見てみて下さい!!→「カレーだけじゃない!イタリアンに中華料理!!学校周辺のレストラン」

     

    MISAO・Spiceupについて

    私は2018年6月~9月中旬までここMISAO・Spiceupにて英語・IT留学を行いました。具体的には、PHP(Laravel)について2ヶ月間勉強し、残りの1ヶ月間でWebサービースを制作しました。インドに来るまでは、パソコンを使う事は苦手でタイピングすらもまともにできない初心者でしたが、最終的には期間内に簡単なWebサービスを完成させる事ができました。自己制作期間の1ヶ月は私が今までで1番集中して物事に取り組んだ期間であったのと同時に、できそうもないなと思っていた事をやりきるという大変貴重な経験になりました。

    ITの先生と

    英語クラスのみんなとバドミントン

    また、この学校には会社を辞めて来た社会人、休学あるいは長期休みを利用して来る大学生、高校生、スタッフ、インド人の先生方、他国籍の生徒と本当に様々な年齢・バックグラウンドを持った人が集まってきます。そのような方たちと交流する事によって、自分の知らない分野の話や知識について聞く事ができとても有意義な時間を過ごす事ができました。自分のモチベーションが上がるので、私は特に学生の方と交流するのが好きでした。このように、この学校で私を取り巻いていた環境もインドに再び来ようと思った理由と言えます。

    みんなで旅行

     

    最後に

    最後までこの自己紹介ブログを読んで下さりありがとうございました。

    こんな感じで、私はしばらくの間インドで頑張ってみようと思います!!今このブログを読んで下さっている方とここインドでお会いする日が来るかもしれないので、その日を楽しみにしています!!!!!
    今後もインドに関する記事を載せていくので、引き続きどうぞよろしくお願いいたします!!


  • インド留学 Menu