• 所属社会人
    留学内容IT留学/6ヶ月

    インド留学を選んだ理由はなんですか?

    ●学生時代には資金的にできなかった留学の夢を叶えたかった

    学生時代にしたいと思っていたが資金面や留学に恐れがあり、留学できずじまいに卒業してしまいましたが、社会人で心残りがあり、いいきっかけになりました。インド留学を選んだ理由は主に以下の3つです。

    1.プログラミングを学びたかった

    前職では事務の仕事をしていましたが、ソフトウェアの更新等で1日数時間取り組んでいた業務が数分で終わるようになり、プログラミングを学べばより仕事が効率化できると実感し、プログラミングを学んでみたいと思うようになりました。
    むしろプログラミングを学んでいなければ高度な業務ができないということに危機感が芽生え、経済学部卒ですが、数学は得意だったのでデータサイエンティストになるのに必要なPythonを学ぶことにしました。

    2.経済成長著しいインドを知りたかった

    イギリス、フランスと同じレベルのGDPの経済規模を持つインド、経済成長率が7%と10年で2倍になる著しい成長率で、現在世界7位だが10年後の2030年あたりには世界3位になっている、これからに期待しかできない国インド。
    このような将来性がある国なのに意外とだれも来ないので差別化も図れてチャンスだと思い、インドに行く決意をしました。

    3.優秀なインド人との出会い

    以前勤務していた製造企業で同期のインド人技術者(IT系ではない)が超優秀で社内全体での表彰を受けていたことが強く印象に残っていました。インドといえばITや製薬、宇宙産業が強いイメージがありますが、以前の製造業で働いていた同期のインド人がすごく優秀であったことや、Googleなどグローバル企業のトップ層はインド人であることが多いのでインドはすごいという印象があり、このこともインドに行く決意をした理由の一つです。

    IT留学をしてみて

    身近にIT大国インドを感じました

    留学をすれば視野が広がるといいますが、IT留学となればさらに視野が広がり、普通の英語留学とは違う視点でインドの成長を見ることが出来ると思います。インドに来てインド企業やインド市場に参入している外資系企業についても知ることができますし、日本ではメジャーではない遠隔医療やフードデリバリーアプリなどを身近に感じ、日本もこのようなサービスが普及していくのかと参考になりました。
    またITに関しては未経験業種ですが、思った以上にwebを動かす技術を幅広く学べたのがよかったです。
    ・Javaを学び、先生と一緒にちょっとした作業BGMをながすアンドロイドアプリ開発
    ・Pythonを学び、データの可視化やデータの自動抽出
    ・PHPを学び、自主製作で中古不動産売買サイト、ちょっとした会社のWebページ作成
    英語で学ぶことは非常に大変で、日本語でも難しいプログラミングをわかりやすく教えていただきましたが、どういうところがわからないのか、詳細を先生に伝えることができないという質問が困難でした。しかし自分でググって調べるなどして、問題解決力も上がりました。

    苦労することもありました

    社会人で会社を辞めて留学することは学生との立場も違い、優秀な学生が簡単にプロダクトを作ったりする一方自分はうまくいっていないのに年上というプライドが邪魔をして教えを乞うのができずに辛い時期もありました。

    インドに来た当初はあまり勉強する気がなく、5時間ほどしかしていませんが、優秀な学生がみんな成果をあげて帰国しているのをみて、自分も成果をあげないといけないと痛感し、最後の1か月は毎日インドカレーを食べ、朝8時に起きて夜の1時まで1日10時間近くプログラミングに集中して取り組めた経験は自分にとって貴重な経験になりました。
    結局は自分で学ぶことが重要ですが、優秀な学生がいるので、協力したり、ライバル心を持って取り組んだりと学習を続けられるモチベーションが生まれたことは良かったと思います。

    休日の過ごし方

    休みの日はほとんど勉強をしていましたが、気分転換に知り合いのインド人とごはんを食べに行ったり、街を散策したり、旅行にでかけたりしていました。また、平日でも時間があるときは、日本人の生徒やインド人講師と学校の前にあるアリーナでバトミントンをしていました。

    色々な人との出会い

    半年の間にインドの有名企業で働くインド人と仲良くなったり、インドで働く駐在員の方から苦労話を聞けたりいい経験などもできました。イメージと違ってインド人は優しい方が多く、困ったときに助けてもらったりしたので、彼らが困った時は助けてあげたいです。海外インターンシップに応募していく学生、海外インターンシップからのはしごで来た学生、50か国以上旅行した人、アメリカやカナダに半年以上過ごして英語が流ちょうな学生など魅力的な人との出会いがありました。
    退職期間中の税金や生活費、稼げたであろう収入を考慮すると(300万円以上?)、インド半年間滞在は決して安い金額ではなかったですが、魅力的な人たちとの出会いを考えればいい投資だったのかもと思います。

    次のステップは

    現在は未定ですが、日本に帰って仕事を探そうと思います。また最終的にはインドにも関われるような仕事がしたいと思っています。

    また、今回インド留学をしたことで、もっといろんな国を見てみたい、という気持ちが強くなり、次はベトナムにも行ってみようと思います!

    最後に

    社会人で留学することは学生とうまくやっていくことに少し頭を抱えるかもしれませんが、インド社会について詳しいところまで知ることができるのでそこは社会人で留学するメリットなのかと思います。インドは暑い国で生活が不自由というイメージがあり、初めは躊躇しましたが、6か月間ほぼ問題もなく過ごせたので、イメージとは全然違う国インドを実際にインドに来て目で確かめてほしいです!


  • インド留学 Menu