• 所属 早稲田大学本庄高等学院 2年生
    留学内容 IT/1ヶ月

     

    インド留学を選んだ理由はなんですか?

    去年(高校1年生の時)も来て楽しかったから!

    昨年は父親がチェンナイに住んでいるという事もあり、まだ高校1年生でしたが興味のあるプログラミングが学べるという事で、夏休み期間を利用してバンガロールにあるこの「Spiceup Academy」への留学を決意しました。昨年は3週間という短い期間しか留学できなかったので、HTML/CSSというプログラミングを学ぶ前の基礎知識の部分を主に勉強しました。
    プログラミングの楽しさに気づいて、帰国後もオンラインの教材を使用しながら自分でいろいろ勉強を続けていたのと、今年は家族全員がチェンナイに住んでいた事もあり、「今年も夏休みを利用してIT留学に行こう!」と思いました。
     

     

    IT留学をしてみて

    授業も授業内容もとにかく楽しかった!

    機械学習(Machine Learning)について学びたかったのですが、このコースは通常だと2ヶ月間でした。自分の留学期間は1ヶ月のみだったので、1ヶ月目に勉強する「Pythonの基礎」に関する内容は日本にいる際に自習で勉強しておきました。
     
    基礎内容に関しては日本で自分1人でも勉強できるけど、この学校で学ぶ2ヶ月目あたりからの内容はどうしても1人で勉強するのは難しいので、授業という形で学べる事ができて良かったです。
    実際には、web scraping(スクレイピング)から統計など機械学習(Machine Learning)に必要なソフトなどの使い方を学びました。数Ⅲや数Cの知識(特に線形代数)を頻繁に使うので、数学が苦手な人は事前に勉強しておく事をオススメします!!
     

    先生のLohit(ロヒット)と

     
    実際に授業を進めていくなかで、自分の行った操作が動くのが楽しかったです。また先生のLohit(ロヒット)は、全部を説明してしまうのではなく、生徒が自分で分析するように仕向けてくれるのでとても勉強になりました。Lohit(ロヒット)の授業はわかりやすかったし、たまに冗談などを言ってふざけてくるので笑いながら楽しく授業を行う事が多かったです!
     

    休日の過ごし方

     

    遊園地にて

    1ヶ月という短い滞在期間なので休日は少なかったですが、有効活用して他の生徒の方たちと楽しい思い出をたくさん作る事ができました! 10人ほどで「遊園地」に行ったり、6人くらいで電車に乗って日帰りで観光地の「マイソール」にも行きました! 僕個人的には、飛行機よりもインドの電車の方が断然面白いのでもっと電車に乗って移動してみたかったです。
     

    ボルダリングに挑戦!

    休日のみではなく、平日も授業後にみんなで「ボルダリング」に行ったり、ITの先生Lohit(ロヒット)とご飯に行ったりしました。
     

    マイソールパレスにて

    昨年留学した際は、観光らしい事をほとんどできなかったのでそういう点でも今回はとても充実していました。
     

    次のステップは?

     

    現在は高校2年生ですが、来年は3年生になるのでインドに留学に来る事は難しいです。
    日本で学校の勉強と並行しながら、プログラミングの自主学習を自分で頑張っていきたいと思います!
     

    インド留学を考えている人に一言

     

    ここバンガロールは、みなさんが想像しているようなインドの環境とは少し違います。
    バンガロールにいるインド人はみんな優しく、また学校の周りにはレストランやスーパーなども充実しているので、生活していく上で特に不便と感じる事はありません。移動もUberで車やリクシャーを簡単に呼ぶ事ができるので問題ありません。僕が住んでいる東京とほとんど変わらないと思っています。
    また、この学校に留学するといろんな人に出会える事はとても魅力的です。僕はまだ高校生ですが、大学生や社会人の大人の方たちと毎日一緒に過ごす時間はとても貴重なものでした。
    インドやプログラミングに興味があるなら、是非バンガロールを訪れてみると良いと思います。
     


  • インド留学 Menu