• こんにちは!バンガロールでインターンに参加している大学2回生のりさです。

    みなさん、南インドのカルナータカ州に位置するハンピ という町はご存知ですか?

    世界中を旅した人が絶賛するほどの人気を誇る世界文化遺産「ハンピ 」ですが、日本からだと主要都市を経由しないとたどり着けないアクセスの悪さからか、日本人にとってはまだまだマイナーな観光地です。しかし、現在私が滞在しているバンガロールからは約8時間のバス移動で行くことができ、せっかくバンガロールに来ているので行くしかないでしょ!ということで、週末のフリータイムを利用してバンガロールからハンピ にプチ旅行に行って来ました!

    アクセス

    出発3日前に、バンガロール〜ハンピの夜行バスを予約し(往復一人Rs.2100(約3200円)でした)、金曜日18時半にインターンシップの仕事を終え、そこから準備をし21時のバスに乗るためにバス乗場に向かいました。

    発車定刻時刻から待つこと約30分、そこにやって来たのはほぼ満席の小さなバス

    「30分で乗り換えだから。」と言われ半信半疑そのバスに乗り込み、バスに揺られること30分。無事に大きなバスターミナルに到着し、予約していた寝台バスに乗ることができました。

    インドの夜行バスと聞くと不安に思う方もいるかもしれませんが、AC、Wi-fi、コンセント、映画付き、マットもふかふかで日本の夜行バスよりも快適でした!

    早朝6時、8時間ほどでハンピ のバス停に到着し、下車するとたくさんのリキシャの運転手さんたちが待ち構えていました。

    ハンピの見所

    とりあえず最初の目的地までリキシャで連れて行ってもらう事にしました。朝日を見るためマルヤバンタ・ラフナサ・テンプルに向かいます。

    途中までリキシャで登ってくれるので、簡単に丘の上まで行くことができます。

    丘を登ると、、、

    360度の岩と遺跡が見渡せる絶景×朝日!!!!一箇所目でもう帰ってもいいかなと思うぐらいの最高の景色でした。

     

    昔からハンピ に住むリキシャのドライバーさんが詳しく説明してくれました!

    ルームメイトと共に巨大岩の前でヨガポーズ

    私たちはその日の夜行バスで帰る弾丸日帰り旅行で、時間もなっかたのでここまで連れて来てくれたリキシャのおっちゃんにそのままハンピ1日ツアーをチャーターする事にしました。 (3人/一台 1日RS.2100 無料説明付き!)

     

    その後は1日のツアーに備えて、朝ごはん!

    OLD Chill Out Restaurant

    目の前にはトゥンガー川が流れる最高のロケーションです。しっかり腹ごしらえをしハンピツアースタート!

     

    そこからはひたすら遺跡&寺院巡り! 数え切れないほどの遺跡があるのでリキシャのドライバーさんが2分おきぐらいで降ろしてくれました。 
    1日で10箇所以上の遺跡を回ったので、特にオススメの場所を紹介します!

    エレファントステイブルズ/象舎(elephant Stables)

    名前の通り、かつてここで11匹の像がここで飼育されていたそうです。
    入場料:ヴィッタラ寺院などと合わせてRs.600 (ちなみに、インド人はRs.40、、、外国人価格(笑))

    ヴィッタラ寺院(Vitthala Temple)

    繊細で華麗な彫刻が素敵で心惹かれます!

    最後に夕日を見るため、ハンピの村を一望できるマータンガ丘へ向かいました。
    石の階段や険しい岩をどんどん登っていきます。

    30分ほど登ったところで、日が落ちていくのを待つことにしました。

    まさに絶景、、!!!
    一日の疲れも吹っ飛ぶほどの景色でした!!

    全身で自然を感じました!

    セルフィー大好きインド人

    ハンピでは日本人が珍しいからか、外国人が珍しいからか、遺跡を見ているとあちこちから写真を求められます。

    次々にインド人が集まってきました。

    有名人になった気分でした笑

    どうやらインドでは観光地に行くとよく写真を求められるようです。

    1日で100人以上のインド人と写真を撮りました!
    絶景に加えて、芸能人気分を少しでも味わいたい方は、是非ハンピを訪れて見てください!

    まとめ

    人が作った世界ではなく、このような地球の原型が残る世界がまだまだあるのかなと感じました。
    世界は広く、もっと旅したい!と感じました。
    遺跡や自然はもちろん、そこに住む人や写真や文章では伝えきれないハンピの魅力を実際に行って、肌で感じて欲しいです!
    是非、皆さんもインドという国で留学やインターンシップに参加し、いろいろなことを学び吸収しながら楽しんでください!


  • インド留学 Menu